我が国のテニスについて

こんにちは、インターンシップ生の薮崎です。今日は、第10回目の紹介となります。よろしくお願いいたします。前回は、テニスを扱ったゲームについて、紹介しました。今回は、我が国のテニスについて、詳しく紹介していきたいと思います。

だいたい皆さんは、自分が今まで紹介した第九回目までの内容で、テニスの大まかなルールや、歴史や、用具や、テニスに関連した、ゲーム、アニメ、映画、などは、理解していただけたかと思います。ですので、今回は、最終日ということで、原点に戻っていき、そもそも、我が国のテニスは、どのようにして伝わっていったのか、また、どのように発展していったのかなどを、テニスの記事のまとめとして紹介させていただきます。

まず、どのようにして伝わっていったのかの、伝来についてで、1878年からであるとされていて、アメリカ人教師のリーランドがたまたま紹介したものが「テニス」で、そこから日本に始まっていったとされています。また、この当時、日本では、テニス用のボールが存在しておらず、安いゴムボールなどを代わりに使用していたとされています。これがやがて、本格的な競技となっていき、主に、坪井玄道と言う人が、我が国の普及に対して、全力を注いでいたようで、今現在の「ソフトテニス」と呼ばれるものになっていったようです。このことについて自分は、我が国のテニスのについて、どのようにして伝わっていったのか、については、周りから教えてもらえる機会はなく、実際に自分でテニスをしているときは、考えたこともなかったので、全く知識はありませんでした。なので、今回紹介していった中で、1878年から、アメリカの人から伝えられたということを知り、自分では、もっと最近であると感じていたため、非常に驚きを感じました。また、皆さんも知っている、「ソフトテニス」は、日本からの始まりで、安いゴムボールを利用していて、それが競技に発展していった、ということについても、始まった理由が、あっさりとしていて、非常に意外であるようにに感じられました。

次に、どのようにして広まっていったのかの、発展についてで、先ほど話にも出た、「ソフトテニス」で、その当時に技術を高めていった、5名の選手がいたようです。その選手たちが、1920年~1930年の間に渡って、ヨーロッパやアメリカなどで、あちこち飛び回っていて、硬式テニスの転戦をはじめていったようです。そこで彼らは、「ソフトテニス」で身に着けた独自のドライブなどを使用することにより、活躍を遂げていき、日本のテニス黄金時代を築き上げていき、発展していったようです。このことについて、自分は、我が国のテニスについて、どのように発展していったかについては、高校時代の体育の授業で、自分の好きなスポーツのレポート作成をするというものがあり、そこで、簡単な発展については、自分の調べていたので、少しは、知っておりました。ですが、知っていたのは、大まかな年代までであり、日本で当時活躍していた選手が、5人もいて、しかも、そこで日本独自の「ソフトテニス」での技術を駆使して、活躍して、日本にテニスの黄金自体を発展させていった、といったところまでは、知らなく、改めて我が国の手に数選手は、素晴らしい人々がたくさん存在していたということを、改めて考えることが出来ました。

今回は以上になります。

次回は、我が国のテニスについて、詳しく紹介していきたいと思います。

URL元 ウィキペディア http://ja.m.wikipedia.org

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー