研究室配属を半年早めるには

皆様こんにちは。インターンシップ生の井上です。

タイトルは釣り気味に付けましたが、電通大では実際にグローバルリーダー育成プログラム(GLTP)という同期より半年先に研究室配属される制度があります。釣り気味と言ったのは、研究室配属が早まっても卒業時期が早まる訳ではないからです。

引用始め
本学では、産業界で中核となって牽引する強いマインドとグローバルな視野を持った技術者・研究者を育成するため、平成26年度学部入学生(昼間コース)から、学士・修士一貫の「グローバルリーダー育成プログラム」を実施しています。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/campus/academic/global-leader.html

引用始め
GLTPの5つの魅力
1: GLTPに選抜と同時に優先的に大学院推薦(類長推薦)による進学が内定
2: 3年生後学期から早期の優先的研究室配属
3: 4年後学期(ギャップターム)の学外研修を利用して、休学をすることなく長期 インターンシップ、半年の海外研修、留学等が可能
4: 渡航滞在費の支援制度あり
5: 履修証明書を発行
引用終わり
引用元URL http://kyoumu.office.uec.ac.jp/gltp/gltp-20190402.pdf

という、生成した半年は留学に当てましょうという感じの制度ですね。名前にグローバルって付いてるし。

それで身内ネタに近いのですが、

引用始め
あと、ご存知だと思いますが、電通大ではGLTP制度に応募して採択されれば、3年から研究室配属は可能です。
引用終わり
引用元URL https://twitter.com/YoichiMiyawaki/status/1080696860099121152
引用始め
確かにそうです。前のツイートは誤解を与えたかもしれませんね。おっしゃる通り、GLTPは大学院進学が前提のはずです。ただ、研究を早く始めたい人にとっては、アリな制度だと思います。ラボの雰囲気を知りたい人にとっては、ラボ見学&相談がやはりよさそうですね。
引用終わり
引用元URL https://twitter.com/YoichiMiyawaki/status/1080729286615523328

というツイートが話題になったことがありました。

引用始め
Q:「GLTP 学生に選抜されると大学院へ推薦されます」というのは、どういう意味ですか? A:GLTP の選抜が大学院推薦入試の選抜に相当します。ただし、大学院推薦入試に応募して願書 を提出する必要があります。
Q:GLTP 学生に選抜された後、他大学の大学院に進学できますか。
A:大学院推薦入試で合格することになりますので、推薦入試の場合と同様、他大学の受験はでき
ません。
Q:GLTP 学生に選抜された後、4 年生で就職することは可能ですか。 A:やむを得ない理由で、就職しなければならなくなった場合には配慮します。 その事由が生じた際には、直ちに連絡をしてください
引用終わり
引用元URL  http://kyoumu.office.uec.ac.jp/gltp/gltp-20180726-3.pdf

という感じで、GLTPを使った上で学士で就職するのは、推薦を自体する程度の覚悟がいるっぽいので、将来の進路が「電気通信大学」の「院」に行きたいという人は便利な制度だと思いますが、学士で早く就職したいという人には関係ないかなという感じです。後者は何で大学に進学してるんだというツッコミが怖いですが、世間体ということで…

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー