実録!琉球大学理系学生のリアル~入学前編~

琉球大学について、あなたはどんなイメージを持っていますか?

 沖縄にある、海外との交流が深そうなどからのんびりしてそう、学校のレベルは高くはないなどなど様々なイメージを持たれていると思います。

 この記事では、7年間沖縄に在住していた私が実際の経験談を交え琉球大学でのリアルな学生生活について書いていきたいと思います。

 まず、私の卒業学部学科は工学部 電気電子工学科(現 電気システム工学コース、電気情報通信コース)です。他の学科では勉強している内容などの違いがあります。また、学部が違えば通う場所も大きく変わります。特に琉球大学はキャンパスが広く(学校内に池があり橋が架かっている)、文系と理系で離れています。理系の間では煌びやかな文系キャンパスを’’橋の向こう’’と呼んだり呼ばなかったり…

 さて、話は変わりますが私が入学した”正直な”きっかけについて’’正直に’’書いていきたいと思います。入学理由ではなくきっかけです。当時高校生の私は考えました。「とりあえず、地元の国公立の大学に行こう。理系だし工学部にしよう。就職がいいらしいから電気電子工学科にしよう。」そうです。適当です。高校生ならそんなものだろう。と思う人もいるかもしれませんが、ここでもっと深く考えていれば人生は変わっていたでしょう。適当に進路を決め、適当に勉強し、適当にセンター試験(現 大学入学共通テスト)を受け…。結果、C判定…。担任の先生「琉球大学ならA判定。国公立。」僕「じゃ、そこで。友達も行くみたいだし。」以上。入学の理由ではなくきっかけです。このように成り行きで入学することになってしまいました。しかし私は琉球大学に入学したことを後悔していません。あの時もっと頑張っていれば…より良い人生を歩んでいたかもしれません。しかし、その人生に今の私の経験はなく、今の友人もいません。成り行きはどうであれ、私は私の今までの人生を誇っています。

 これから通う琉球大学。入学すると同時に初めての一人暮らしのはじまりです。大学周辺には多くのアパートがあり、実際行って内見して決める方も多いですが、私は、大学寮に入ることにしました。理由は「安い。実際行かなくていい。」もちろん適当です。大学から届いた資料をもとに手続きし、入寮の許可を取得、「大きな荷物は後で送ってくれ。」入学式用のスーツを着用し、最低限の着替えを持ち、いざ沖縄へ。

次回、入学。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー