Amazon Prime Video 個人的おすすめの映画#2

こんにちは!MBAインターン生の秋山です。

Amazon Prime Videoで私がオススメしたい映画の紹介パート2です!

〇オススメその3『バチカンで逢いましょう』

【ストーリー】

マルガレーテ(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)は、ローマ法王に懺悔すべく、バチカンに向かう。初めてのローマで、マルガレーテはイタリア人老詐欺師ロレンツィオ(ジャンカルロ・ジャンニーニ)に出会う。そしてドイツ料理店のシェフになり、その評判で法王のためのドイツ菓子作りを依頼されることになる…。

【個人的オススメポイント】

ハチャメチャストーリーでほっこりした気持ちや、元気で明るい気持ちになりたいかたにおすすめの作品です。

主人公マルガレーテは普通のおばぁちゃんと思いきや、大胆な行動をしたり、ロックな一面を持っていたり、可愛かったり……とても人間味があり魅力的なキャラクターです。

マルガレーテの娘、孫娘の三代がそろって喧嘩したり、笑ったり、泣いたり…。そんな家族映画になっています。三人のやりとりが面白く、楽しいです。

そしてマルガレーテのふるまうドイツ料理が家庭的でとても美味しそうなのも魅力です!

〇オススメその4『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

【ストーリー】

第二次世界大戦時、読解不能と言われたドイツの暗号「エニグマ」。

数学者アラン・チューリングと仲間たちが読解に挑む…。

【個人的オススメポイント】

多少脚色はありますが、史実を基にしてここまで面白いフィクション作品になるんだ!と驚きがありました。(おおよそ近い時期の史実を基にした作品『英国王のスピーチ』『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』などもAmazon Prime Videoで観れるので、そちらもぜひ!)

主人公アラン・チューリングを演じるベネディクト・カンバーバッチの演技が奇人の天才といった役と見事にマッチしていて、私はこの作品をきっかけにベネさんの出演作品に興味を持つほどでした。

歴史、差別への抵抗といった重めのテーマではあるものの、仲間がだんだんとアランを信頼して最後には一丸となってエニグマに挑むという王道少年漫画的な過程は観てて感慨深いものがあります。もしかしたら、観る人を選ぶ作品ですが…(アランの人柄を受け入れられない人もいるかもしれないなとは感じました。)

派手なアクションなどは無く、人間ドラマとして進んだ先のラストに元婚約者がアランに対して言うセリフと、アランのマシンへの想いには涙してしまいました。是非最後まで観てほしいなと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー