外国人の友達の正しい作り方

日本では、普段知らない人に話かけないことです。不審者として思われたくないですよね。もうすでに知っている人に他の人に紹介されたら、話しかけてもいいですけど、最初に話す時は、よく自分の個人情報を教えない傾向は日本人にはあるですね。もし時間がたて、話相手の性格がだんだん明らかになってきたら、もっと自分について個人情報だしてもいいと決めて、友達作る場合が多いです。でも、日本人の友達の作り方は、アメリカのとは全然違います。この違いをみて、アメリカ人の友達を作るための作戦を立てましょう。

日本とアメリカの基本的な文化的な違いをまとめましょう。

アメリカ人と話すのは面接とよく似てます。なぜなら、アメリカでは、自分の個性を大事にする方が多いです。そうして、自信をもって、その恵まれた個性を活かしてつかいながら、行動できるような人が良く尊敬されています。逆に、問題を起こしたくない謙遜な人は弱いと思われています。そこで、内気と思われないように、数秒で言える自己PRを英語で準備しよう。

自己紹介する時は社長でも高校生でも同じ言葉と作法を使うのです。米国憲法に書いてある、大半のアメリカンが信じている言葉は「人はみな平等に造られている」です。それで、アメリカでは、敬語とかはそんなに使う場合はないです。

アメリカ人の正しいアプローチのやり方を身に付けましょう。

共通点と相手のいいところを見つけましょう。アメリカでは自分の大好きな映画がGEOの行列に並んでいる人が持っている姿を見かけたとき、「ああ!この映画は好きなの?私も大好きです。似ている映画のおススメをもらえるでしょうか?」と聞くのは珍しくないです。このような簡単なやりたりから友達になる人がおおいです。共通点を見つけるのは多分一番効率的の友達のつくりかったです。でも、もしすぐ目でわかる共通点がみつけれなくても、友達の作り勝ったは他にあります。例えば、自分の心底から、他の知らない人の本当に「いいね!」と思っている所があれば、しゃれている靴を履いているのとか、いい色の組み合わせの服装を着た場合は、それを気軽に直接口で述べてもいいですよ。例えば、「ああ!そのはいている靴はかっこいいね!どこで買ったの?」と聞いて、もし話相手が話たい気持ちなら、多分答えてくれるはずです。そうして、答えとして出した店が自分の通ったことがある店だとしたら、共通点を見つけたということで、更に会話を続けられます。この軽い会話から、趣味とか、自分の最近はまっているものについての話に移ること多いです。会話が終わったときに、愛想がよかった場合は、話相手の連絡先交換頼んでも普通です。そうして、パーティーや他の面白い行事に参加の機会が多くなります。

上記書いている会話の技を聞いたことがありますか?使ってみませんか?いきなり外国人とつかうのが怖いのなら、自分の関係のある日本と使って見たほうがいいかもしれません。そうして、心の準備ができたら、身の回りにいる外国人と話してみてください。彼らは多分嬉しく話してくれます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー