インターンシップ感想(プログラマー)【城西大学】

矢口 翔一さん

期間:2019年8月9日から8月22日 9日間参加

Q1.今回参加したきっかけ
 ゲーム制作会社に興味があり、職場体験をしてみたいと思ったためです。
 また、長期インターンを通して、プログラムの経験を積みたいと考えたためです。

Q2.インターンを始める前の経験
 大学の講義で、「C言語」、「FORTRAN」の講義を履修しました。
 また、Unityを少しだけですが、触ったことがあります。

Q3.インターンシップ中の内容
●制作物に関して
 「夏」というテーマで、JavaScriptを使い、Web上で動く物の制作をしました。
内容は、迷路ゲーム風のものを作り、「ゴールにたどり着けたらゲームクリア」、「障害物に当たった」・「制限時間になってしまった」などの場合はゲームオーバーになる、という感じで作りました。
●記事、動画に関して
 テーマは「iPhoneの歴史」というテーマで9日間にわたり、作製を行いました。

Q4.インターンシップを終えての感想
 今回、初めて一人でゲーム制作を行いました。いざ始めてみると、コードの書き方、構文の書き方、などの知識が不足していることに改めて気づかされました。
 製作するにあたって、インターン中にインターネットで調べたり、本を読んで調べたりすることで、知識が深まったと思います。また、英単語が一つでも間違っていたり、コードの書く順番が間違っていたりするだけで、動かなくなることや、その修正をする大変さを学べました。

 また、インターンを通すことで、実際に社会人の様子が分かり、働くという事の厳しさや、大変さ、といった貴重な経験をすることができました。

9日間という短い期間でしたが、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー