北見工大と他大学との関わり

皆様こんにちは。インターンシップ生の林です。

今回は最後に、北見工大と北海道に存在する他の大学との関わりについて話したいと思います。

まずは、北見工大と他大学の間の単位互換制度について話していきます。

北見工大は帯広畜産大学や日本赤十字北海道看護大学、東京農業大学生物産業学部、北海道大学、北海道教育大学、室蘭工業大学、小樽商科大学、旭川医科大学、そして放送大学と言った北海道に存在する国立や私立を含めた他の大学と単位互換協定を締結し、学生交流を行っております。

単位互換制度とは、例えば北見工大の学生が他大学の授業を受けるとき、その学生は北見工大からの「派遣学生」として、他大学の「特別聴講学生」として、受入大学の授業科目を履修することができるという制度です。

つまり北見工大にいながら道内の他大学の講義をSkypeを通して受けることができるという訳です。

ただし、他大学等の授業を受けようとする場合には、事前に大学間の協議が必要となりますので、希望者は必ず事前に学務課に相談することが必要です。

次に、2022年に予定されている他大学との連携について話していきます。

北見工業大学はこの度、小樽商科大学と帯広畜産大学の二つの国立大学と共に,2022年4月に創設予定の「北海道連合大学機構(仮称)」によって、これら三つの大学が運営されるという組織体制(一法人複数大学制)を構築することになりました。

一法人複数大学制とは、他大学との合併という訳ではなく、一つの法人の元で複数の大学が経営されるという制度です。

この連携が実現する理由といたしましては、

引用始め

工学、商学、農学という実学を担う三大学は、それぞれの強み・特色を生かしながら、「文理融合、異分野融合」の連携教育プログラムを開発・提供し、新時代に求められる文系・理系の枠に捉われない人材を育成したいと考えています。また、対面・交流を含む新たな遠隔教育システムの活用も検討しています。

引用終わり

引用元 https://kit-portal.office.kitami-it.ac.jp/campusweb/campusportal.do?page=main

ということだそうです。 

因みに大学合併ではないため、2022年4月以降も北見工大は一応存在することになっています。

これにて10回にわたって話してきた日本最北の国立大学・北見工業大学の話題を終わりといたしますが、いかがでしたでしょうか。

この記事を読んで皆様が少しでも北見工大に興味を持っていただけましたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー