英語を流暢に話したい人の勉強方法

はい、どうも、インターン生のウイリアム・ガルザです。

この記事を読んでいる方は、多分英語がぺらぺらになりたいと思ったことがあるでしょう?留学に行く時や、海外での長い休みに行く時は、流暢な英語を話せる人はより楽しい時間を過ごせるはずです。それでは、英語を流暢に話せるようになる勉強法を紹介しようと思っています。

1.通勤したり、家事をやりながら、ポッドキャストとラジオを聞くことです。これは当たり前のことかもしれませんですけどで、勘違いしないでほしいです。英会話の聞く時間の量がポイントです。英会話を聞く時は、人間の脳は無意識的に働いて、パターンを認識します。なので、消極的に大量の英語でのコンテンツを毎日聞くと、自分の脳は聞いている言葉の現れるパターンと頻繁を認識できるようになって、自然にその言葉はどれほど頻繁に出るかと、どんな言葉と一緒に使われているかは、わかるようになります。そうして、その言葉の音に耳が慣れてきて意味が分からなくても、辞書とかでその慣れたことばの意味と使い方を調べたら、びっくりするほど速さで、最低限の動力で身に付けれます。

字幕付いている動画を見ることです。家事をやりながら、ポッドキャストを聞く他に英語に頑張れる暇があれば、動画を通して英語を勉強したほうがいいです。日本のと違って、アメリカ映画とテレビ番組の字幕と、その動画に出る役者の話しているセリフは、完全に一致します。そこで、英語でテレビを見っている時は、英語の聞くのと読むの練習を同時に出来ます。更に効果的の見方をしたいのなら、もうすでに日本での吹き替え版でのセリフを暗記したほど好きなアメリカ映画を見たほうがおススメです。なぜなら、英語で見ている間日本語訳を参考せずに、円滑に英語晩で見れることができるからです。確かに、方言と若者語がいっぱいアメリカ映画とテレべに出るのですが、アメリカでは、こういう日本で、使ってはいけない場合が多い言葉は、アメリカは大体どのときでもOKです。
インタネットの国際交流サイトを使って、英語が母語の人と英会話練習をすることです。もし、自分の英会話力を見事に磨きをかけたいのなら、英語が母語の家庭教師を雇った方がいいです。でも、英会話だけじゃだめです、家庭教師の正しい使い方は自分一人での自己PRや、自分の趣味や好きなものとことや、どうしてそのことがすきにになった理由とかをあらかじめに書いておいて、家庭教師にその書いた文章を訂正してもらうことが一番効果的です。なぜなら、日本語と違って、会話で使う英語と文章を書くときの英語の違いは大きくないからです。そうして、家庭教師と英会話を練習する時に自分の間違った発言を先生に訂正してもらう時に、恥ずかしくて、失敗しちゃった気持ちになて、話し続けたくないと思っていしまう人が多いです。こういういやな感情は、文章を書いている間に現れない、そうして、先生に出した文章が訂正したままでもどったらは、自分の不足の英語は何かを明らかにします。この訂正したくれた書類で記載されている自分の良くするミスを把握できたら、今度先生と、自分のすでに書いた文章に含まれている話題について話す時は的確な英語で話せるようになるはずです。そうして、外国人に通じないミスだらけの英会話を避けることができます。(実際に、日本に住んでいる教師をやとってもいいんですけど、インタネットで雇った方がいいかもしれません。なぜなら、教わる時はどこでも練習できるし、支払うう値段が比較的に低いです。)
上記書いている英語の勉強法を聞いたことがありますか?時間の余裕が無くて、全部出来ないのなら、1地番に集中したほうが一番効果的のはずです、なぜなら、話を聞くのが上手だけど、流暢に話せない人と、話を聞くのが下手だけど流暢に話せる人との中では、前者のほうとは楽しく会話ができます。やはり、会話する時に自分の面白いと思っていることについて話すときに、話し相手はその話題について、どう思っているのかはしりたいです。でも、話相手に自分の話したことについて「へー、それは面白いね…ね、私は最近○○と一緒に○○の映画を見に行ったよ。超面白かったよ!」という反応を受けたら、自分の話した話題は、つまらなすぎると思ってしまうのですよね。運の良いことに、ポッドキャストを聞くのと、字幕付き動画を見るのとの、リスニングの練習となる勉強法を最低限、一つを選んで使って勉強し続けたら、これは流暢の英会話力にいい影響を与えますから、ぜひやってみたください!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー