レイヤーズ・オブ・フィアー

レイヤーズ・オブ・フィアーは2016年2月16日でポーランドのBloober Teamに制作されたsteam、Xbox one、PS4に登録されましたホラーゲームです。探索とストーリーに重点を置かれました、一人称視点のサイケデリック.ホラーゲームです。「目の前に揺られるキャンバスを眺めながら、さらに一杯飲み干す部屋の角で光が微かに揺らめく。これまで無数の作品を描いてきた。だが、生まれて初めてだ……こんな作品は。これまでに、これを描くことがなかったのは何故だろう?今となっては不思議な程だった。……だが、まだ何かが足りない。「何か」が…」は主人公としての画家の不安定の内心世界です。狂気に歪んだ精神は、カメラの向きが変わったその一瞬、視界の「何か」を変化されるかもしれませんというサイケデリック.ホラーはこの作品の一つ特徴です。ヴィクトリア時代を舞台として、19世紀の名画、建築、装飾で彩られたゲームの世界を体験します。オリジナルおよびクラシックの名作の数々で膨大なオリジナルアートとストーリーと舞台がプレーヤーの心を揺り動かします。ストーリーの中で画家が精神的な病気に導きました人は画家の妻です。グラは綺麗で、狂った世界観描写も巧みだけどグロ描写やクリーチャーで怖がらせるタイプではないので血を流す婦人のアイコンでそういうタイプのゲームを期待した人は肩透かしを食らう事請け合いします。ゲームは心を病んだ画家の精神の奥深くへと入り込み、広大なヴィクトリア時代の屋敷の中で、刻一刻よ変化し続ける部屋と回廊を彷徨いながら狂気の根源へと近ずいていきます。画家を蝕む幻覚と恐怖を一つ一つ紐解いていき、最初の白い画布がゲームの進みに従って、彼が長年取り組んできた最後の傑作を完成へと導くのです。他のホラーゲームと異なる所は倒錯した世界観、その表現を難解だと感じ、消化を追い付かればプレイヤーは置き去りを食らいます。途中から危険を感じることはない、ただのビックリ箱に入ってしまいました。

アクション.システムの分類から見ると、このゲームは主観アドベンチャー「探索ゲーム」です。“戦ったり、逃げたり”といったものは一切ないです。何の前触れもなく、建物の構造や部屋の様子が変化する屋敷を、ただ探索していくだけです。部屋に閉じこめられて、その中に謎解きの道具や手がかりを探します。ドアの開け閉めは、ボタンで掴みスティックで開け閉めするようになっていて、リアルな動きを表現する所はこのゲームの面白さのところです。個人はこのゲームを発見したきっかけは当時発売する時、ネットでフォローしている動画投稿者がアップロードした動画を見って、その独特な表現手法を深く印象を残しました。興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

元URL:https://www65.atwiki.jp/switchsoft/pages/231.html

https://biolove.hatenablog.com/entry/layersoffear%E3%80%8D

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー