オープンデータ活用サービス開発日誌~01~

 皆さん初めまして。本記事にごアクセスいただきありがとうございます、MBAインターナショナル インターン生の岩岬と申します。

 この記事はインターン初日に書いております。当初はゲームプログラマとしてインターンに参加しようと考えておりましたが、オープンデータの活用に興味をひかれたため急遽webプログラマとして10日間のインターンに参加します。この日を含めて10日間のインターンということで、不安も大きいですが、何か得られるものがあればという期待も抱いております。

 さて、これから10日のインターン参加期間中、オープンデータを活用したWEBサービスの開発に挑戦するとともに、毎日記事を作成する予定です。各日の作業中に調べたデータや先行事例、これから作りたいサービスやその進展が主な内容になります。

 さて、初日の活動としては、そもそもオープンデータとは何か、という問題を解決しなくてはなりません。総務省はオープンデータを以下のように定義しています。

以下、総務省の「地方公共団体のオープンデータの推進」より引用

国、地方公共団体及び事業者が保有する官民データのうち、国民誰もがインターネット等を通じて容易に利用(加工、編集、再配布等)できるよう、次のいずれの項目にも該当する形で公開されたデータをオープンデータと定義する。

1. 営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの
2. 機械判読に適したもの
3. 無償で利用できるもの
〈参照:オープンデータ基本指針(平成29年5月30日高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部・官民データ活用推進戦略会議決定)〉

引用ここまで

 オープンデータとはなんぞや、という疑問も晴れたところで、今回利用したデータカタログサイトについて紹介します。データカタログサイトは、総務省行政管理局によって運用されている、オープンデータのポータルサイトです。このサイトからは中央省庁が公開しているオープンデータにアクセスすることができます。例えば、1899年から2017年までの年次、性別ごとの日本の人口のデータや、動植物の分類ごとに分かれたレッドリストのデータなどをダウンロードできます。下のリンクから、データカタログサイトにアクセスできます。

データの前処理、活用サービスの立案、サービスの実装など不安なことは多いですが、これから10日間頑張っていこうと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

参考資料:
総務省 地方公共団体のオープンデータの推進 http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/opendata/
(2019/8/19 アクセス)

総務省行政管理局 データカタログサイト
https://www.data.go.jp/
(2019/8/19 アクセス)

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー