日本ではあまり知られていないハンドボールについて

初めまして、インターンシップ生の村田翔と申します。

 突然ですが、「ハンドボール」というスポーツを知っていますか?ほとんどの人は知らないのではないかと思います。

そこで今回は、小学校の高学年から中学校までの5年間このマイナースポーツをしてきた私がハンドボールについてご紹介していき皆様に知っていただきたいと思います。

〇ルールについて

 まず、ハンドボールとは何なのか、という所から説明します。ルールは、簡単に言うと「バスケットボール」と「フットサル(サッカー)」を足して2で割った感じです。7人でチームを組み、「バスケットボール」のようにボールを運び、「フットサル(サッカー)」と同じように相手のゴール籠にボールを入れると1点入り競技時間内に多く得点を決めたチームが勝つというスポーツです。

 気になっていたかもしれませんが、少し前から「フットサル(サッカー)」と記載していますが、それには理由があります。それは人数が近いのとハンドボールとフットサルのゴールは同じものを使っているからです。なので、サッカーよりもフットサルのほうが近いという訳です。そしてルールはフットサルに似ているためキーパが存在しますが大きくフットサルにはない「コートプレイヤー(キーパー以外の6人)はゴールから6m以内を入ってはいけない」というルールになっています。また「バスケットボール」に近いルールとしてボールを持つことができるのが3秒までとなっています。(「バスケットボール」では5秒)

さらに、1番特徴的なのはシュートです。「バスケットボール」や、「フットサル」のようにゴールめがけてボールを投げることをシュートというのですがハンドボール選手の多くは「ジャンプシュート」という投げ方でシュートをするのが主流になっています。「ジャンプシュート」とは、その名の通りにジャンプしてシュートをすることです。また、ハンドボールと画像検索をするとほとんどがこの「ジャンプシュート」の画像なので他のスポーツにはない特徴的なのだと思います。

 次に、肝心のボールですが、もしかしたら皆さんも使ったことがあるかもしれません。それは、高校生の時や中学生の時の体力測定に「ハンドボール投げ」という種目があったと思います。そうです、そのボールがハンドボールで使われるボールなのです。

今回は、ハンドボールの大まかなルールを説明してきましたが、次回からはより詳しいルールについてなど説明していきたいと思っています。

 興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー