日本とインドネシアの文化の違い(第一食事)

日本とインドネシアの文化の違い
第一食事
国によって食べ物や食べ方が違っていることがたくさんあります。日本人はにとって当たり前のことはインドネシア人にとっておかしいなことは色々あります。その違いは10個を教えます
その1食べ方
日本人は基本箸で食べています。インドネシア人フォークとスプーンと手で食べます。汁がない食べ物は手で食べると大丈夫です。しかし最近手を使って食べているインドネシア人がどんどん減っています。インドネシア人はバナナの葉でよく食べ物を置いてます。昔からインドネシアにバナナの葉を皿として使うことが多いです。
その2食べる順番
日本人の食べる順番は基本【汁物→ご飯→おかず】。そしてサラダがあればお先に食べてその後メインデッシュを食べます。食べ終わったらデザートを食べます。インドネシア人は逆に最初からメインディッシュでその後はサラダを食べます。理由としては野菜や果物は口を洗う効果があるので食後に食べます。
その3好きな食べ物
インドネシア人が辛い物は大好きです。インドネシア人は唐辛子が大好きです。インドネシアに人気の【パダン料理】はほとんど辛い料理です。

その4味
日本人は生物が好き国です。寿司はその一つの生食べ物です。インドネシアの料理は日本と違って味付けがたくさん使われています。
その5アルコール飲み物
インドネシアは70%以上イスラム教です。その理由でアルコールの飲み物はほとんどないです。日本人はアルコールが大好きですけどインドネシアに旅行したらアルコールは探しずらいです。
その6汁物
日本人は汁物の食べ物は基本ご飯に混ぜることはないです。インドネシア人は汁物をご飯にかけるのは好きです。
その7天ぷら
インドネシアにはバナナの天ぷらがたくさんあります。インドネシアのバナナの種類がたくさんありますので揚げても美味しいバナナがあります。天ぷらを美味しいいただくために醬油じゃなくてインドネシア人は唐辛子と一緒食べれことは多いです。

その8サラダ
インドネシアのサラダはモヤシと豆腐が入ります。そしてトッピングはゴマドレッシングですけどこのドレッシングはもちろん辛いです。
その9値段
インドネシアの食べ物はやすいです。インドネシアの食べ物は一皿約1100-200円ぐらいです。高級レストランでも一人あたり1800円です。マクのバーガーの値段は300円ぐらいです。
その10食べ終わった
日本人は食べ終わったら自分で片付け店はたくさんあります。しかしインドネシア人にとってそれはおかしいと思われます。片付けは店員の仕事のはインドネシア人にとって当たり前のことです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー