iPhone4,4sで追加された、有名な機能とは?!

皆さんこんにちは、インターン生の矢口です。

 前回、iPhone3GSの歴史について、見て来ました。今回は、iPhone4とiphone4sについて紹介していきます。

まずは、基本情報を書いていきましょう。

〇iPhone4,4s

引用始め

インチ:3.5

画面サイズ:320×480

解像度:640×960

アスペクト比: 3:2

 ※ここまでは、どちらも共通です。

世代:iPhone4は 第4世代
   iPhone4sは 第5世代

発売日:iPhone4は 2010/06/24
    iPhone4sは 2011/10/14

iPhone4のトピックス:Retinaディスプレイ、前面カメラ、au参入

iPhone4sのトピックス:Siriの搭載

引用終わり

引用元URL:https://dev.classmethod.jp/smartphone/iphone/iphone_simplified_chart/

まず、iPhone4についてです。

 iPhoneの販売会社として、今まではソフトバンクだけの販売でしたが、初めてauが参入してきました。

 次に、性能面では、解像度アップが特徴的です。端末の大きさ自体に変化はありませんが、今までのiPhone3G,3GSの解像度が「320×480」だったのに対し、iPhone4,4sでは、解像度が「640×960」となり、4倍になったことが分かります。

 また、Retinaディスプレイが初めて搭載されたことにより高繊細で、よりきれいな表現が可能になりました。
このことからも、iPhoneの画質が良くなったことが分かりますね。

 また、カメラの機能に関しては、「前面カメラ」が搭載され、ディスプレイ側の写真撮影が可能になりました。
この機能は、「自撮り」をする方にとても重宝されていますよね!
今では、「自撮り棒」もありますし、皆さんの自撮りに対する思いが伝わって来ますね(笑)

次に、iPhone4sになってからは、Siriの搭載が大きな話題を呼びましたね。

 Siriとは音声を認識して、命令をおこなったり、返答してくれる AI のことです。
もう皆さんもご存じではないでしょうか。
今では、都市伝説も出ているので、興味のある方は調べてみてください。(笑)

まとめに入りましょう。主な機能として、

iPhone4で追加された新機能は「前面カメラ」の追加

iPhone4sで追加された新機能は「Siri」の追加

になります。

この後も進化は続きます!少しでも興味を持っていただき、ぜひiPhoneの歴史をこの機会に知ってもらえればと思います。

次回は、iphone5以降について紹介する予定です!

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー