日本とインドネシアの文化の違い(第2宗教と祝日)

日本無宗教の国とよく言われました。WIKIPEDIAから無宗教が成立するための一つの条件は仰を持たない自由を含め信教の自由保証されている国です。インドネシアは逆無宗教を認めない国です。インドネシア人は五つの中の宗教を選択しなければいけない国です。その五つの宗教はイスラム教、仏教、ヒンドゥー教,キリスト教、とカトリック教徒です。他の宗教は全部その他に入っています。インドネシアの中に一番多い宗教のはイスラム教です。87.2%のインドネシア人はイスラム教です。2番目多い7%の割合ではキリスト教です。カトリッ教徒は2.9%とヒンドゥー教と仏教はそれぞれ1.7%と0.7%です。残りはその他の宗教になります。イスラム教の人数は圧倒的に多いですので色々なことはイスラム教に合わせなければいけないです。

まずは日本の食堂とレストランにあまりいないこと、ハラル認証。組織によってハラルのロゴが変わっているですけど基本は緑色のHALALと書いております。

このハラルの意味はその食堂はイスラム法で食べることが許されている食材や料理だけの店なのでイスラム教の人はここに食べてもいいです、つまり豚の関係あるものが入ってません。

次は祈り専用の部屋。インドネシアのオフィスには祈り専用の部屋は必要です。イスラム教は一日5回ぐらい祈りしなければいけないので集中できるように祈り専用の部屋に行なう。
インドネシアがたくさんの宗教がたくさんの宗教があるので当然祝日がたくさんあります

一番印象に残っている祝日はLEBARAN「レバラン」です。LEBARANはインドネシアにしかいないのイスラム教の祝日です。LEBARANの期間に入る前に会社が自分の社員に1ヶ月分の給料をボーナスとして払わなければいけないです。13月の給料とよく言われます。次はLEBARANの期間にイスラム教の人は自分出身地に戻ります。戻る前に大人は家族のためのお土産がたくさん買います。その理由は自分が立派な人なったを伝えるためと感謝の気持ちを表すためです。このLEBARANの期間に大き町にいる人数が凄く減っています。最後はLEBARANが終わったら皆が全部町に戻って普段の生活を取り戻ります。

LEBARAN出身地に戻るの時の画像

日本にはない祝日色々ありますけど祝日の数はインドネシアより多いです。2018にインドネシアの祝日は14ですけどは15です。皆は日本の方が休みが多いと思ったら間違っています。インドネシアには Hari Kejepit 訳して挟んでいる日があります。例えばカレンダーに木曜日が祝日なら金曜日が二つ休日に挟んでいるから国が時々宣言してその日は祝日になります。特に大きな祝日の時よく行える。例えば、先の LEBARANとキリストの昇天。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー