有効な特許取得には「公知例調査」が必要

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「有効な特許取得には『公知例調査』が必要」

 P:特許の成立には新規性が重要である

 R:知りうる可能性のあるものは全て公知となるため、先例があれば特許として認められないから

 E:光ファイバーの技術自体が公知でも、石英が適していることが明らかになれば特許となるかもしれない

 P:有効な特許を取るためには公知例調査が欠かせない

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー