5 activities and places you should participate in during study abroad to meet many people.

こんにちは、インターン生のウイリアム・ガルザです。

留学にいったり、海外での長い休みを取りに行っても、自分一人で止まっている部屋に引きこもって、日本語でのYoutube動画を見たり、日本語で書いてあるウエブサイトを読んだり、故郷に住んでいる友達と家族だけとビデオチャットするばかりの人はいっぱいいます。せっかく長く海外に止まっているのなら、地元民といっぱい交流できる行事に参加したほうがいいです。さて、この記事に、海外に行った時にいっぱい地元民と交流できる参加するべき団体の3つを紹介しようと思っています。

1.学校の部活に参加することです。アメリカでの部活文化は日本能のといくつかの共通点があります。例えば、スポーツチームの結束力を強化するために、チームだけで遊んだり、ゲームしたり、食べに行ったりします。スポーツチームだけじゃなくて、どの学校のレベルでも、同じ年の人と交換できる団体を自分の通っている学校に教えられます。私の経験では、僕の通ってた高校で、日本文化クラブから、格闘技クラブまでありました。そうして、大学に入ったら、さらに、クラブの種類と数が増えました。

2.自分の住んでいる近所にある教会の行事に参加することです。信仰心(しんこうしん)がない人にでも、教会のコミュニティが熱心に歓迎されます。その教会でざまざまなイベントが主催されています。一番人気があるのは、ボランティア活動です。人の数がものすごく多くて、自分の友達と知人の数がますます増大します。もし、もっと自分の興味にかかわる行事に参加したいのなら、他に教会での行事があります。たとえば、音楽演奏に挑戦に初心者にでも、自分の音楽が上手じゃない自分の役を作ってもらえます。

3.趣味交換アプリでの行事に参加することです。民さんはどんな趣味をなさっていますか?趣味交換アプリ(自分の好きなのは、Meetup.com)を使ったら、自分と同じく、好きな趣味に興味を持っている人と、そのアプリで主催されている集まりに参加した方が、いろんな友達を直ぐに作れます。趣味がない方でも、自分の日本語力や、日本文化の詳しいさを使って自分を売り込んだら、そのアプリを使って自分の集まりを主催できます。やはり、海外に住んでいる日本人の数は非常に少ないですから、日本に興味を持っている人は、日本人とあえる機会が現れたら、その機会に機会に飛びつきます。ぜひこのようなアプリを使ってみてください。

いかがですか?海外にいたら、自分の部屋だけにのこらず、外に出て積極敵に地元民と交流したいと思いますか?上記紹介した3つの参加するべき団体に全部も押し込まなくてもていいですね。一つ二つに絞って、それらだけに集中した方がいいかもしれません。そうして、その決めた団体でがんばたら、きっとその団体に属している人たちといいつながりができます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー