ピアノ 練習方法

こんにちは、インターン生の林です。

今回は前回お伝えしたように、弾くときの手の形、練習方法について紹介します。

まず、手の形ですが、これが一番重要です。手の形を間違って覚えてしまうと、それが身について、これから速い曲などが難しくなってしまいます。一番良い手の形は、包丁で何かを切る時に添える、猫の手の形です。それ以外には、手のひらで卵を握りしめている時と同じ形です。この手の形が一番良いです。

ではなぜ、指を伸ばしたらいけないのか?

ピアノは、指をクロスすることがあります。曲によっては、何回も速くクロスしないといけないことがあります。その時、指が伸びきった状態だと、クロスが素早くできません。また、指が伸びきった状態で力ずよく弾く場合は、指の力だけしか加わりませんが、正しい手の形だと、手首など手全体で鍵盤を押すことができます。

自分は始めたころ、指が伸びた状態で弾いていました、だんだんと難しい曲に挑戦していくと、上手く弾けなくなってしまいました、自分は手の形がそれで慣れてしまったので、戻すのにとても苦労しました。なので、皆さんは始める時、手の形に特に意識しましょう。

次に、練習方法について紹介します。

初めての曲に挑戦するときはまず、だいたいのイメージをつかむために、曲をyoutubeなどで聞いてみましょう。最初に聞いておくことで、自分が練習している途中で、弾いているのが正しいのかどうかが分かりやすくなります。

そして、両手で練習するようにしましょう。ほとんどの曲は、右手と左手が違う動きをするので、片手ずつ練習していくと、両手で合わせたとき、タイミングがずれたりしてしまいます。そのため両手で練習するのですが、いきなりは弾けないと思うので、1,2小節ぐらい片手ずつ弾き、両手で合わせるのが良いと自分は思います。

最後に、ピアノはすぐには上達しません、何をやるにもそうですが、練習をたくさんすればするほど上手くなっていきます。練習し、いろんな曲を弾いていくうちに、上手くなって行くと思います。是非参考にしてみてください。

今回は、手の形と練習方法について紹介しましたが、練習方法については、今回紹介したのが、一番上達するとは限りません、人によっては、片手ずつ練習して上手な人もいるので、自分にあう練習方法を見つけてみてください。

次回は、音楽記号や、楽譜のこと、暗譜について話します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー