日本とインドネシアの文化の違い(第3交通機関)

日本人は学校や会社に通っている時電車で通っていることが多いです。電車以外ならバスを乗ることもあります。つまり国から用意した交通機関が多いです。それではインドネシア人どんな通勤手段がありますか、インドネシアの学生はどうやって学校にたどり着いますか。

それではインドネシアの交通機関の話を始めたいと思います。インドネシア人は国が用意した交通機関より自分の乗り物を使うことが多いです。中流階級と労働者階級の人達はほとんどバイクで移動します。一つ目の理由はインドネシアにバイクの値段がとても安い。13万円で買えるバイクも沢山あります。その上にバイクを買う時の支払いは3年の分割払い、すまり一ヶ月は400円だけでバイクをゲットできる。2番目の理由はインドネシアのバイクは安いだけじゃなくてとても便利な移動手段です。インドネシアの道は混雑過ぎるのでバイクに乗る人にはとても有利です。

こちらはインドネシアの道の画像

混雑は当たり前のことのでバイクに乗って人達は小さいの道路でも走れるので混雑してない道に走れるのはバイクの良い点。

次は2番目人気の移動手段はAnkot「アンコット」です。Ankotは普通の車ですけど一応公共交通機関です。色は町によって変わります。青と赤と赤、沢山色があります。

このAnkotの人気の理由はまずは安いです。一般の値段は30円ぐらい、そして学生なら20円ぐらい。その理由で学生に人気が出ます。そしてこのAnkotはどこにもある乗り物ので簡単に乗れる。Ankotはルートはバスとほとんど同じけど量は2倍以上。

3番目はインドネシアに最近人気になった交通機関は Ojek Online 「オジェックオンライン」。このサービスはスマホのアプリを使ってバイクのタクシーみたいな人を呼びます。日本にあるUBERと同じですけど車の代わりにバイクが来ます。もちろん普通のUBERもあります。値段は最初の4KMは80円ぐらい。他の交通機関より高いですけど便利なので人気があります。

4番目の人気交通機関はBUSWAY「バスウェー」。このバスウェーは他のバスと違って専用道路があります。そのおかげで通常の乗り物よりスピードが早い。値段もただ20円です。これも公共交通機関

最後はMRT、つまり電車です。この交通機関は他のより人気は少ないです。その理由は日本の電車と違って最近出来たばかりのでルートが少ない。一駅は30円ぐらい、そして一番遠い場所までを乗るなら100円ぐらいかかります。

日本の電車が素晴らしいので皆が電車を乗ることが好きになりました。しかしインドネシアには電車の時代が始まったばかりので近い未来に日本みたいに電車を乗る人が増えるかもしれない。以上第三とインドネシアの文化の違い第三交通機関。次回を楽しみに。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー