実録!琉球大学理系学生のリアル~就職活動と卒業研究編・上~

 楽しい大学生活もいつかは終わります。4年間はあっという間とは、言われ続けて来ましたが、その4年間の中にいる間はなかなか実感が湧かないものです。大学も後半戦に差し掛かると大学に来た本来の目的を思い出し、楽しい生活の終焉に備える必要があります。就職活動は早ければ早いほうが良いと言いますが、まさにその通りです。特に考えておくべきことは、業種です。どんな仕事をしたいのか、自分がどんな性格なのか、その仕事が自分に合っているのか、確実に確認しておく必要があります。適当に就活して就職しても辞めてしまっては意味がありません。就職活動はとても大変です。それをもう一度やるとなると、かなりの労力です。そのまま挫折して無職、となることも十分にあり得ます。

 それを踏まえ、就職活動はいつ始めるべきか。周りがやり始めたら、ではありません。具体的な行動を挙げるとやはり夏のインターンがオススメです。3年次の夏季休暇、自分が付きたい職種のインターン行ってください。絶対に行くべきです。いくらお金をはたいてでも行ってください。自分がその職で働く実感というものは、なんとなくやりたいという想像だけでは分かりません。実際にやってみるのが一番早いです。合わなかったとしても、その経験は絶対に腐りません。インターンでの印象が良ければそのまま就職への大きなアドバンテージにもなります。

 就職活動も大事ですが卒業できなければ意味がありません。3年後期から研究室への仮配属が始まります。配属は成績が良い人から選ばれるので、自分の希望の研究室に入ることが出来る保証はありませんが、研究室を適当に決めるのはリスクがあります。研究室によって研究内容や雰囲気、厳しさが大きく異なります。4年次の1年間、自分が興味がない研究を自分が苦手な雰囲気の中行っていくことになってしまう可能性があります。そうならないために研究室の情報を見学など行って収集し、希望する研究室を決めましょう。

 研究室が決まった後の活動は研究室によります。本配属まで何も活動しないところもあれば、仮配属期間からガッツリゼミを行う研究室もあります。そんな中3年次も終わり、本格的に就職活動が始まります。まず何をすればよいか。迷う人もいると思います。まずやるべきことは行動です。考えるだけでは物事は進みません。何もわからない状態でもとりあえず求人情報サイトに登録しましょう。近郊にある合同説明会には参加しましょう。そのままの流れで会社の個別説明会、面接、内定というルートがあります。しっかりレールが引かれています。当然自分で業界について研究し、行きたい会社を見つけ個別に採用ページから応募するのが最もよいでしょう。学校の推薦を利用するのも有効的です。推薦は特別枠で基本面接1回で内定します。採用率も高いです。このような就活の流れを理解し、しっかり計画を立てそれを遂行していけば就活は上手くいきます。

 ここまで、話はどこの大学にも言えることですが、琉球大学独自の就活事情を少し書いていきます。まず、大学中央にキャリア教育センターというものがあります。本当に何をすればいいかわからない場合は、ここに行けば丁寧に説明してくれます。面接に自信がない人も大丈夫です。面接の練習や履歴書の書き方など就職活動に必要な基礎知識は全てここで学ぶことが出来ます。また、学内での会社説明会には積極的に参加しましょう。学内まで来るということは、琉球大学の学生を採用するつもりがあるということです。他の企業よりも採用される可能性は高いでしょう。次に、学校推薦についてです。どこから受けるか分からない人は、学科の教員に聞くことで解決します。推薦が来ている企業が掲載されたwebサイトがあるので、それを参考に企業を決め、その年の就職担当の教員に相談することで受けることが出来ます。注意点として推薦で得た内定は絶対に断ってはいけません。学校推薦は滑り止め感覚で受けるものではないので気を付けましょう。

 そして、就職活動では必ず必要になる交通費は沖縄の事情に深く絡んできます。県外へ就職する場合は、何度も飛行機で往復する必要があり、ホテルも利用するため、大きな出費となります。しかし、県外企業でも沖縄と縁がある企業は県内で受けることが出来る場合もあります。また限られてはいますが、面接時の交通費を支給してくれる企業もあります。スケジュール管理によっても出費は抑えられます。飛行機は早く予約したほうが安いことや、いくつかの説明会や面接近い日程にまとめてホテル代を節約するなど、これらを利用して就職活動を乗り切りましょう。

 今回は、ここまで。次回につづく。

お興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー