Dota2

こんにち、インターン生のセレンゲです。

今回の紹介するのはDota2のThe Internationalです。The Internationalは世界最高賞金総額を誇る大会であります。
引用初
トーナメントの初期賞金プールは$ 1600000 ドルです。
すべてのバトルパスの売り上げの25%が合計賞金プールに追加されます。これらの売り上げには、複数のレベルでのバトルパスの購入と、よく使用されたポイントをゲームで購入するポイントが含まれます。
現在の賞金総額は31575117米ドル(29975117‬米ドル追加)です。
引用終
引用元 https://liquipedia.net/dota2/The_International/2019

TIに参加する条件はDotaプロサーキット(Dota Pro Circuit)のシリーズ総合上位12チームおよび各大陸予選の6チームで争います。DPCというのは10月から7月の間に行われるマイナーとメジャーからポイントを取得し、決定されます。これが2017年からはじまりました。
TIが2011年から今まで(今は大会から10日前です)行われています。それでは2011年からどこで、どんな国のどんなチームが優勝しているかを紹介します。
2011年ドイツケルンのケルンメッセアリーナで優勝はNatus Vincere(ウクライナ)チーム、賞金が1600000ドルでした。
2012年米国シアトルのベナロヤホールで優勝はInvictus Gaming(中国)チーム、賞金が1600000ドルでした。
2013年米国シアトルのベナロヤホールで優勝はAllice(スウェーデン)チーム、賞金が2874380ドルでした。
2014年米国シアトルのキーアリーナで優勝はNewbee(中国)チーム、賞金が10923977ドルでした。
2015年米国シアトルのキーアリーナで優勝Evil Geniuses(米国)チーム、賞金が18429613ドルでした。
2016年米国シアトルのキーアリーナで優勝Wings Gaming(中国)チーム、賞金が20770460ドルでした。
2017年米国シアトルのキーアリーナで優勝Team Liquid(オランダ)チーム、賞金が24787916ドルでした。
2018年カナダバンクーバーのロジャースアリーナで優勝OG(ヨーロッパ)チーム、賞金が25532177ドルでした。
2019年中国上海のメルセデスベンツアリーナで優勝まだわからない、賞金が31575117ドル超えています。

引用元 https://liquipedia.net/dota2/The_International

今回のTIがヨーロッパではなくて、中国で行われているかと思っていましか。なぜならあるメジャーでプレイヤーのビザの問題で参加できなくなったので、それに対策として中国に行うことにしたらしいです。

さて、今回のTIでどんなチームが勝ち、来年のTIがどんな国で行われ、賞金がいくらだと思っていますか。もしよかったらご意見をお聞かせください。ここまで読んでくれてありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー