The Conjuring House

今回ご紹介したいホラーゲームは画面的にゴシック的ファンタジー要素が入った[The Conjuring House]です。実際にプレイしたことがなかったですけど、フォロした動画投稿者のゲーム実況動画を映画みたいで見って、ストーリーを全体的に見切りました。「The Conjuring House」は2018年9月25日にSteamで配信され、元Ubisoftの開発者が設立したモロッコのインディーデベロッパーRYM GAMESに開発されました一人称視点のホラーアドベンチャーゲームです。

所有者の不可解な死で無人になったはずの屋敷“アドキンス邸”を舞台に怪奇現象の調査を依頼された主人公が、不審な女性の影に付きまとわれ、屋敷から脱出できなくなてしまうというストーリーが展開しました。そのタイトルからも、悪魔召喚の儀式が行われていたよいう設定であるのは想像に難しくないが、プレイヤーは次々と巻き起こるポルターガイスト現象やグロデスクな悪霊に悩まされるながら、儀式に用いられるアーティファクトを破壊するため、サバイバルを繰り広げます。

このゲームの特徴は今まで見たことがない巨大で複雑な屋敷の構造です。例えば、プレイヤーが初めてアドキンス邸に入った時さそり座の符号が描いている門があります、その門を開ける為にさそり座の形の鍵を見つける必要があります。屋敷の中でさそり座を含めて黄道十二星座の12枚の門の鍵を屋敷に探索しながら見つけてだけではなく、それ以外の星座の門もあります。故に非線形の進行スタイルで複数の経路を持ちこの屋敷は、プレイヤーごとに異なるアプローチを提供するクエストが毎回ユニークなゲームプレイ体験を提供します。私みたいな方向音痴の人に対して、かなり難しいゲームと思います。このゲームをクリアした人が「もう、私の魂の一部はこのアドキンス邸に残った。」と言いました。

舞台が屋敷内部に限定されながら、ストーリーはノンリニアに進められていくという「P.T」を連想されるゲームシステムが気になるところで、どこにいっても謎の女性に付け回されている感覚が覚えるようデザインされているとのことだ。唯一の安全な場所は呪文をべったり書いた部屋です。逃げ切ったと思っても、いきなり悪霊が襲いかかってきたり、エンディングまで息の抜けないホラー演出されています。ゴシック風やファンタジーなホラーゲームが好みの方は、ぜひSteamで見に行きましょう。

興味を持たれた方はお気軽に問い合わせください

「元URL:https://www.4gamer.net/games/435/G043599/20180926151/

https://www.gamespark.jp/article/2018/09/19/83907.html%E3%80%8D

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー