日本とインドネシアの文化の違い(第4常識)

国によって何が普通か何がおかしいなことは違います。日本にとって普通なことはインドネシアにとってそれは変と思われることがあります。まずは店や仕事の常識です。日本の店員はお客様の前だけじゃなくてただレジに立っている時も笑顔しなければいけません、そしてダラダラ姿を見せないように気を付けなければならない。しかしインドネシアにはそんな店員は高級レストランや高い店にしかいないマナーです。店員が他の店員と話すや携帯電話をいじってしてもおかしいではありません。

次はゴミのことです。日本にはゴミを分別して、日によってどんなゴミを捨てるのは当たり前だ。インドネシアにはゴミの分別しなくてもいいです。分別するのはゴミを拾う人や政府の仕事です。そしてどんなゴミでも毎日捨てるのは普通です。日本人は出かける時自分のゴミをポケットやカバンに閉めて持って帰るのは当たり前のこと。しかしインドネシアにはゴミ箱がどこにもありますのでそこに捨てるのは普通です。

日本には大声を出すのはマナー違反なので電車やバスの中に携帯電話をマナーモードに切り替えなければいけません。そして子供たちは大き声を出したら母親に「静かにしなさい」と言われるのは当たり前だ。しかしインドネシアには携帯電話で話すや通常モードにしたままでも大丈夫です。子供が大声出すにも問題ない。インドネシアにはイスラム教の祈り場所、モスクにはいつもスピーカーで大声で祈りを鳴らしますですけどそれは大丈夫です。逆に文句言うのは無礼です。

日本にはレストランにトイレや注文に行くときカバンや携帯電話をテーブルの上に置くのは普通ですけどインドネシアにはそんなことしたら異常な行動です。悪い人は他のお客様だけじゃなくて店員もそのチャンスを逃さないので気を付けなければなりません。警察に報告してもその警察が笑うかもしれません。

日本には小学生が一人に学校に通っているのは安全です。インドネシアにはそのことをしたらすぐその子が誘拐されます。そして小学生はランドセルを使うのは当然のことですけどインドネシアにはどんなカバンでもOKです。

テレビに女が短いスカートや少な目の服を着るのは普通に大丈夫ですけどインドネシアにはそんなことは許されない。インドネシアの検閲が厳しいのでキスシーンでもダメです。そして日本のコンビニにはグラビアのアイドルが漫画のカバーになるのは大丈夫ですけど、インドネシアにはそんなことは駄目です。

以上常識の違いでした。旅行をする時問題が起こさないようにその国の常識をもう一度確認してから旅行してください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー