実録!琉球大学理系学生のリアル~就職活動と卒業研究編・下~

 私が考える就職活動で最もよくないこと、それは何もしない期間を作ってしまうことです。面接で落ちてしまい自信を無くして陥りがちです。期間が開いてしまうとそこで緊張感が切れ、生活が乱れ、その後も崩れてしまいます。しっかりと計画を立て、その計画を厳守する。無理な計画は立てない。面接に落ちても気にしないことが重要です。自分が落ちる会社というのは自分に合わない、自分のスキルが見合わない会社です。つまり入社後すぐに辞めたくなるような会社ということです。そんな会社にはそもそも行くべきではないと思いませんか?就職活動はやることを羅列すると、単純な流れで簡単です。しかし、実際やるときついです。頑張るしかありません。しかし就職活動はあなたの今後の人生に大きな影響を与えるイベントです。受験の比ではありません。ここで妥協するか、本気を出すかは結局あなた次第です。

 4月からは就職活動と卒業研究の両立が始まります。ただでさえきつい就職活動に卒業研究が加わります。その際に就職活動に専念しすぎて卒業研究を疎かにしないことが重要です。この時点で就職活動の計画があると思います。それを無理に変える必要はありません。その計画を担当教員に見せ、空いた時間に無理をせずを少しずつやればいいのです。研究でまずやることは新しい知識の吸収です。長い期間何もしないと当然忘れてしまいます。少しずつでも継続的にやることが後の自分への助けになります。

 話は変わりますが大学卒業後は就職以外の選択肢もあります。起業する人やフリーランスで活動していく人もいるでしょう。スキルや資格を取得するために1年勉強する人もいます。そんな中の一つの選択肢として、大学院進学があります。お金はかかりますが楽しい学生生活を伸ばすことが出来ます。それはおまけとして本命は就職活動における大きなアドバンテージです。高度な研究という専門知識を持つ院生はむしろ企業側に求められる人材となります。給料も学部生と比べると初任給から差があり将来的には大きく差が開くことも多いです。大学院入学の試験勉強や入学後の高度な研究を行う必要がありますが、その分のメリットは十分にあります。ぜひ検討してみてください。

 この記事は今回で最終回です。ここまで書いてきて、後半は堅苦しい話になってしまいましたが、最後に言いたいことがあります。大学生のみなさん、または大学に入学予定の皆さんは”後悔しない大学生活を送ってください”。大学において何が最も需要かは人によって意見が違うと思います。「学生の本分は勉強である。」「入学した時から将来の就職活動に備えるべきだ。」という人もたくさんいるでしょう。しかし私は、勉強や就活に多少失敗しても後悔がなければ問題ないと考えます。大学を卒業した後にも勉強は出来ます。それに伴った就職をできるはずです。しかし、大学生活は卒業してしまえば終わりです。もう戻っては来ません。卒業した時に「大学に行ってよかった」と言えるように、そのために勇気を出して行動を起こすこと、きっとあなたになら出来ます。

 ここまで読んで頂きありがとうございました。良い大学生活を。

お興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー