10日間でAndroidゲームネイティブ制作に挑戦(UI編)

 こんにちは。星野耀司です。

 前回は画面をタッチすることができるようになるまでの話をしましたね。
今回は画像の移動がどうなったかとUIについての話をしようと思います。

 まず画像の移動についてですが、とても面倒くさい方法で、貝が見切れることはあれど画面外に出ることはほぼ無いようになりました。
簡単に言うと最初にやったことをほぼ繰り返しているようなものです。
様々な座標の表示方法があるのでどれを使えばいいかわからなくなったため、その時の座標をX、Y単位で変数に格納できるものがありました。
getTranslationというものです。
これを使ってまず最初にランダムな位置に配置する前の座標を保存します。
そしてその後前にやったランダム配置を実行します。
ここからタッチをされた場合にSetTranslationというものを使い、変数に格納した座標に一旦画像を移動させます。その後ランダム配置の時と同じ値、変数を使いまた配置するというものです。
もし私と同じように調べ方が下手、調べたけどこのやり方よく分からないという人は、色々考えて、分かっているものだけでどうやってやりたいことができるかを考えたほうがいいかもしれませんね。
それでも知識が不足することは多々ありますが。

 次はUIの話ですね。そもそも私の作っているゲームに必要なUIは二つだけです。スコアと制限時間です。
スコアに関しては、何度もやったxmlからのid取得による方法で弄ることができたため、あらかじめスコアの数字を変数化しておいて、貝をタップした時の処理の最初に変数に数字を足して、xmlに反映させるだけで済みました。
問題は制限時間でした。
timerというものを使うのですが様々な種類と方法があったためどれが適切な方法かで悩みました。
私が使った方法は、CountDownTimerを使って数字を数えて、その数字がゼロになったら処理を終わらせるというものでした。
CountDownTimerは文字通りカウントダウンをしてくれるものなのですが、カウントする時間だけでなく、カウントダウンをどのくらいの周期で行うかのインターバルを設定することもできるものでした。
私は普通にカウントしたかっただけなので使いませんでしたが、どこかで役に立つかもしれませんね。
CountDownTimerに関しては詳しいことは各自で調べて頂けると幸いです。

さて、これでゲームに必要そうな部分は殆ど揃ったといっていいと思います。
あまり時間はありませんが、ここからはバグやエラー取りをして、追加要素やリザルト画面、ストーリーなどに力を入れられたらと思っています。
ただ、もう少しxmlについては勉強をしないとテキスト等の配置がとてもめんどくさいです。うまく配置できる方法を模索したいですね。

 では次回はなにか変化があったところがあればそれについて話したいと思います。
なければここからの構想や、今回のゲームで諦めた点などを話していきたいと思います。

ではまた次回

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー