iPhone6s,6sPlusの紹介 ~指紋認証機能の進化と新色の発売~

皆さんこんにちは、インターン生の矢口です。

 前回、iPhone6,6Plusの歴史について、見て来ました。今回は、iPhone6sとiPhone6sPlusについてについて紹介していきます。

まずは、基本情報を書いていきましょう。

〇iPhone6s,6sPlus

引用始め

インチ:iPhone6sは 4.7
    iPhone6sPlusは 5.5

画面サイズ:iPhone6sは 375×667
      iPhone6sPlusは 414×736

解像度:iPhone6sは 750×1334
    iPhone6sPlusは 1242×2208

アスペクト比: どちらも 16:9

世代: どちらも 第9世代

発売日:どちらも 2015/09/25

iPhone6s,6sPlus のトピックス:3DTouch搭載、指紋認証性能アップ、ローズゴールド色の追加

引用終わり

引用元URL:https://dev.classmethod.jp/smartphone/iphone/iphone_simplified_chart/

 さて、今回もどちらの機種でも新機能の追加内容は同じなので、同時に説明していきましょう。

 大きさは前回と変わらず、2種類の大きさでの販売です。

それでは性能面に関してです。「3DTouch」、「指紋認証機能」の性能アップ、「ローズゴールド色」の販売などが挙げられます。

●「3DTouch」とは、画面を強く押し込むことによって、よく使う機能が、今までよりも簡単に使えるようになったというものです。これにより、簡単にアラームの作成、電話をかけるなどが出来るようになりました。中でも、有名なのが「LINEのメッセージを未読状態で見れる」というものです。これについて興味のある方は、ぜひ調べてみてください!

●「指紋認証機能」の性能アップ
iPhone6s,6sPlusになり、指紋認証機能の性能が大幅に上がりました。詳しく説明すると、今までは、手を当ててから、指紋認証完了まで、だいぶ時間がかかっていましたが、この機種になってからは、指紋認証完了までの時間が大変早くなりました。実体験ですが、、間違って手をかすってしまった程度でも、ロックが解除されてしまうことがあるので、その性能の良さが伺えますね(笑)

次に、新色についてです。
●「ローズゴールドの発売」
いままでのiPhoneでは、シルバー系、ブラック系、ゴールド系などの色が主流でしたが、この機種になってからは、「ローズゴールド」を加えた4色での販売となりました。検索して画像などを見てもらえれば分かるのですが、ホームボタンの縁の丸い円の金属部分まで、しっかりと「ローズゴールド」の色が使われています。とても小さい部分ですが、しっかりと色が入っていて、Appleさんの本気が伝わってきますね!

まとめに入りましょう。今回は
「3DTouch」搭載、「指紋認証機能」の性能アップ、「ローズゴールドの追加」などの点が挙げられます。

この記事を読んできただき、ぜひiPhoneの歴史をこの機会に知ってもらえればと思います。

次回は、iphone7,7Plusについて紹介する予定です!

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー