色の持つ力 ~橙色編~

 みなさんこんにちは、インターン生の菊池です。

 赤・青・緑・黄色。私たちのみる世界にはたくさんの色が存在しています。そんな色たちを私たちは日ごろからなにも思わずに持ち歩き、身に着けて生きています。

 その色たちに知らず知らずのうちに影響され、人々は色からパワーを貰っていることをご存じでしょうか。

 前回は黄色が持っているパワーと効果についてお話していきました。今回は橙色についてご紹介していきたいと思います。

 みなさんは橙色にどんなイメージを持っていますか?暖色のひとつである橙色からはポジティブな印象が多くみられますが、橙色にはどんな効果があるのでしょう。

 まずはじめに橙色のもつ特徴をみていきましょう。

 橙色には次のような特徴があります。

引用はじめ

・食欲を増進させる。

・賑やかさを感じ陽気な気分になる。

・エネルギーと開放感を与える。

・整理整頓ができる。

・親しみが生まれ仲間意識を高める。

・緊張を和らげ力を出せる状態にする。

引用おわり

 赤や黄色などの暖色系の色と同じような効果が期待できるのと、にぎやかな気持ちにさせてくれる効果があるようですね。

橙色はごく普段の生活に紛れ込んでいます。日常に溶け込んでいるので「橙色(オレンジ)といったらこの色がある」というイメージは付きやすいのではないでしょうか。また、絵なのではにぎやかさ、団らんしているときにオレンジで回りを描いてあげると優しい雰囲気の絵になります。

次に橙色の良いところと悪いところをみていきましょう。

◇いいところ
 ・赤の活発さと黄色の判断力を兼ね備えた橙色。
 ・思ったらすぐに行動ができる
 ・明るく笑顔にする
 ・個性を表すのに適している

◇悪いところ
 ・うるさすぎる
 ・ケバケバしている印象がある
 ・しつこすぎる

実はこのいいところ・悪いところを紹介しましたが、人の心理状態によって見方がガラリをかわってしまいます。いいところのほうがよく思いついた方は精神的に元気な証拠であり、わるいところのほうがよく思いついた方はメンタルがあまりよくない状態のときだともいわれています。

いかがでしょうか。人懐っこく明るい印象にみえる橙色ですが、橙色が強すぎるとケバケバしい印象やあざとさがでてしまうので使いすぎには十分注意したほうがよさそうですね。

・明るい印象を持ちたい
・元気にみられたい
・何かにチャレンジしたい
そんな人は是非橙色の持ち歩いてみたはいかがでしょうか。

次回は紫色についてご紹介していきたいと思います。

引用先:https://iro-color.com/episode/about-color/yellow.html

興味を持たれた方は気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー