シューターゲーム:「Rainbow Six Siege」初心者のためのすゝめ

こんにちは!インターン生の西尾です。

今回でこの紹介解説は最後となります。
今回の解説タイトルは前に紹介した「Rainbow Six Siege」です。
前に紹介した通りこのゲームは初心者には厳しい、初心者お断りゲームなどと言われている面もありますので初心者におススメのオペレーターと簡単なアドバイスをしていきたいと思います。
シージは攻撃と防衛に分かれるのでそれぞれ2人のオペレーターを紹介していきます。
まずは攻撃側から紹介します。
それではまず攻撃側の1人目のオペレーターはAshです。Ashはスピード型のオペレーターで遠距離から破壊可能な壁に穴をあけることができるブリーチング弾をを持っています。さらにブリーチング弾は壁だけでなく防衛側が仕掛けた多くのトラップを遠距離から壊すことが可能です。さらに、Ashは武器も強くAshのみが使える専用武器R4-Cは連射速度が高くダメージも高火力で防衛側との撃ち合いで有利に進めることができます。R4-Cは反動も素直に上に反発していくので初心者でも少しの慣れで使えるようになるでしょう。
続いて攻撃側2人目のオペレーターを紹介します。2人目はTwitchです。テーザーガンというビームが撃てるショックドローンを使うことができるオペレーターです。このドローンを使うことによって防衛側が仕掛けたトラップやガジェット、カメラなどを破壊することができます。これにより自分や味方が侵入しやすい環境を作り出せます。ですが1つのショックドローンからテーザーガンは5発しか撃てないので考えながら使いましょう。Twitchの武器はF2がおススメです。F2はAshのR4-Cよりも連射速度が高く敵がショットガンでもなければ近距離ではほぼ撃ち勝てます。連射速度が高いので少し反動制御が難しいですがこだわりなどがなければ初心者にはこの武器が良いでしょう。
次に防衛側のオペレーターを紹介していきます。
まず1人目のオペレーターはRookです。Rookはチーム全体にアーマーパックを出すことができます。このアーマーは防御性能を高めヘッドショット以外での即死がなくなります。これにより相手との撃ち合いに勝てることがありますし初心者でもマッチ開始時にパックを置くだけなので簡単に貢献ができます。そしてRookの武器はMP5がおススメです。この武器は防衛側でも珍しく2.5倍スコープであるACOGサイトがついており反動制御も比較的簡単なので中距離での戦闘が可能なので初心者でも扱えると思います。
そして最後のオペレーターはBanditです。バンディットはショックワイヤーという物を持っており有刺鉄線や強化された壁に電気を高圧電流を流すことができます。ショックワイヤーにより攻撃側の強化壁を破壊する専用のオペレーターたちから壁を守ってくれます。設置場所も壁か有刺鉄線だけなので初心者でもわかりやすいでしょう。そしてBanditの武器はMP7がおススメです。MP7は連射速度がそこそこあり反動も少ない武器なのでお勧めです
最後に簡単なアドバイスをしていきます。
まず第1に、マップを覚えてからマルチプレイはしましょう。紹介の時にも合った通りこのゲームはマップ構造が複雑で撃たれてもどこから撃たれたのか分からないときがあります。ですので紹介の時に合った通りテロハントなどを使ってマップを覚えてからマルチプレイをしましょう。
そして第2にドローンを大切にしましょう。攻撃側の時オペレーターにはそれぞれ2つずつドローンが与えられますがドローンは大事な情報源です。できる限り情報を集めて戦うためにも壊されないように準備フェーズでもドローン操作に自信がなければ外の壊されないところで待機させましょう。
そして最後に壁からできるだけ離れて通路を移動しましょう。壁に張り付くように移動すると飛び出した時に自分の頭が敵から見えてしまいます。できるだけ壁から離れると目がその分早く敵を視認できるのでできるだけ離れましょう。
以上で解説を終わります。初心者の参考になればうれしいです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー