Perception

今回ご紹介したいホラーゲームは前のゲームと違って、音で周囲を認識する“反響定位”を応用して2017年からsteamで配信された『perception』というゲームです。本作は盲目の女性カッシーを主人公とする一人称視点のホラーアドベンチャーゲームです。物語は度重なる悪夢に悩まされてきた彼女が、その原因を追求するべく、マサチューセッシ州グロスターにある“屋敷”を尋ねることから始まります。「盲目」というキーワードを聞いたら、「どうやって一人称視点になれるか?」と思うかもしれないが、そこはこのゲームプレイ面での最大の特徴でもあります。彼女は周囲の音や、自分の杖で床で叩くことによって発生する反響音を頼りに、自分の周囲の光景を“視る”です。本作は視覚障害者がながけているとされる、この“反響定位”と呼ばれる近く方法を応用したホラーゲームです。具体的には、カッシーが杖で床を叩くと真っ暗な周囲が青い霞のように周囲のオブジェクトの輪郭がうっすらと浮かび上がり、そして消えていきます。故に、周りの情報を得る為に、始まりの時は常に杖を床に叩かなければならないです。

でも、ただ杖を叩きまくれば、このゲームはホラーゲームにならないです。二つの問題が会えます。一つは、カッシーが音を頼りに像をイメージしているだけで、現実の物体が見えているとは限らないです。時折(ときおり)フラッシュバックのように、突然現れては消える奇妙な像を幻視することがります。“それ”が本当にそこに出現していたのか、恐怖が認識を狂わせたのか、プレイヤーにもカッシーにも分からないでした。二つ目は、屋敷に潜む怪奇と関係があるのかわからないが、どうもカッシーの一種の霊媒体質でもあるようで、過去の住人の亡霊とはさらに別の“何か”がいます。そして頻繁に杖を叩くと、画面が赤くになって、それに追い始めます。捕まる前にクロゼットや衣装ボックスなどに隠れられればやり過ごせるが、焦る中でどれだけ杖を叩かずにその場所にたどり着くことが出来ますでしょうか?この問題が開発者も考えしました。実際にプレイしていくと、次第に暗闇の世界の歩き方が慣れて、杖の使用回数が段々と減っていきます。でも、完全に記憶を頼りに歩くのは違って、時折屋敷の構成や通れる場所が変化するので、ルートを暗記するよりプレイヤー自身が反響定位的な位置.方向感覚が身について、見えた残像から推測して歩ける距離が伸びていく方がいいと思います。

このゲームの特徴的な場所はまだ幾つがありますが、時間の故に、ここは省略します。興味があった方はお気軽に問い合わせください。

『元URL:https://www.famitsu.com/news/201705/30134202.html%E3%80%8F

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー