色の持つ力 ~紫色編~

 みなさんこんにちは、インターン生の菊池です。

 赤・青・緑・黄色。私たちのみる世界にはたくさんの色が存在しています。そんな色たちを私たちは日ごろからなにも思わずに持ち歩き、身に着けて生きています。

 その色たちに知らず知らずのうちに影響され、人々は色からパワーを貰っていることをご存じでしょうか。

前回は橙色についてご紹介していきました。

6回目の今回は赤と青を混ぜ合わせた色である、紫色についてご紹介していきたいと思います。

みなさんは紫色にどんなイメージを持っているでしょうか。落ち着いたイメージ、ミステリアスな雰囲気、日本では、聖徳太子が定めた「冠位十二階」で最上位の位を表す色として紫が使われていたことから日本人は「高貴」というイメージが強いのかもしれませんね。

ではさっそく紫色の特徴をみていきましょう。

紫色がもらたす心理現象は以下の通りです。

引用はじめ

・想像力をかき立て感性を豊かにする。

・緊張や不安を癒し穏やかな気分を与える。

・性的なものを感じさせる。

・催眠効果がある。

・心と身体の回復を促す。

・勘を鋭くする。

引用おわり

 緑と真逆の色である紫にも癒しの効果があるということがとても不思議ですよね。実は紫にもヒーリング効果があるのです。

次に紫色のもつ良いイメージ、悪いイメージについてご紹介していきます。

◇良いイメージ

 ・神秘的なオーラを感じる

 ・高貴にみせることができる

 ・女性らしい魅力的なイメージにみせることができる

 ・美しさや感性をイメージできる色

◇悪いイメージ

 ・下品なイメージを持たれることが多い

 ・色の好き嫌いがはっきり分かれている

 ・暗い色であるため孤独感をイメージしやすい

いかがでしょうか。

5回目でもご紹介した通り、色のもつイメージは心理状態を表しているともいわれています。あなたはどちらのイメージが強かったでしょうか?もし悪いイメージのほうが思い浮かぶ場合は精神が疲れている証拠でもあります。マイナス思考を取り除いていけば色の良さに改めて気づくことができるかもしれませんね。

 また、紫色には心と体を癒す効果をもっています。気分を落ち着かせることができる色でもあります。

 ・心と体を癒したい

 ・気分を落ち着かせたい

 ・女性的なイメージを持たせたい

 ・高貴なイメージをもたせたい

 そんな方は紫色のアイテムを身近に置いてみたり身に着けてみてはいかがでしょうか。

最終回のラストはピンク色についてご紹介していきたいと思います。

引用先:https://iro-color.com/episode/about-color/purple.html

興味を持たれた方は気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー