基本的な謎のパターン

こんにちは、インターンシップ生の藤野です。

これまで様々な謎解きコンテンツについて紹介してきましたが、今回は謎の構成について説明します。
ただしここで紹介するのはあくまで一例です。

多くの場合は小謎、中謎、大謎という構成になっていることが多いです。
小謎は比較的簡単な謎で、ひらめけばすぐ分かるようなものです。パズルのように、解き方が分かっても時間がかかるものもあります。
すべての小謎を解くと次のステップに進むための指示が現れるケースも多いのですが、時にはそれを導き出す方法自体が謎になっていることもあります。この場合はこれまで解いたり集めてきた情報を複合して考えなければならないことが多く、少し発想の転換が必要で難解な場合もあり、その位置づけとして中謎と呼ばれることもあります。
このように小謎をたくさん解く、中謎があればそれを解く、次のステップへ。という手順を何段階か繰り返して最後の謎にたどり着きます。この最後の謎は通称大謎とも言われるものであり、多くの場合かなり難しいものとなります。これまでに解いてきた謎を見返したり、あらゆる情報を集約したり、まったく違う切り口から考えてみたり。かなり頭を使いますし、全員で考えてもなかなか解けないこともしばしばです。公演型の場合は、オープニングのインストのときに「大切な情報」を何か伝えられることが多いのですが、それはだいたい大謎を解く手掛かりになっていることが多いです。
以上の構成をゲームで例えるなら、小謎が雑魚敵、中謎がステージボス、大謎がラスボスと考えていただければ非常に分かりやすいかと思います。

また、中謎や大謎の段階で時々出てくるものとして「解きなおし」というものがあります。これは謎を解き進めていくことで何かしらの条件が変化して、それに従ってもう一度これまでの謎を解くと全く違う答えが出てきて、その結果としてこれまでと違った指示や情報が得られるというものです。これは、解き直さなければいけない理由が物語の構造ときれいに結びついていればいるほど、全体としても美しい謎となり多くの人を感動させる力もあります。昔は斬新だったのですが、今はいろんなところでよく登場する形式となってしまっているかもしれません。

最近は謎解き人口も増えてきており新しく始める人も多いので、公演型の謎解きではヒントをもらえるシステムがだいたい用意されています。あらかじめ希望者のみがヒントブックを受け取り必要な時に見る、もしくはスタッフに直接ヒントを教えてもらうか、そのどちらかが多いです。こちらからヒントを求めなくても、行き詰っていたらスタッフが積極的に声をかけてくれて先に進めるように支援してくれることもあります。そのため多くの人が時間内に大謎まではたどり着けるようになっています。しかしゲームクリアに必要な肝心の大謎に関しては、基本的にノーヒントであることが多いです。そして良くできた大謎であればあるほど、解けてクリアできたときの喜びも、解けなくて解説を聞いて解き方を知ったときの悔しさも、非常に大きいものとなります。そのため大謎のクオリティは公演そのものの満足度に直結する非常に重要な要素であると考えることもできます。

業界トップのSCRAPがリアル脱出ゲームの、そしてリアル謎解きゲームの愛好家を増やしてきたと言っても過言ではなく、特に人気作品について分析してみると面白さの秘密がより分かってくるかもしれません。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー