仮面ライダーは大人にこそ見てほしい #鎧武編

こんにちは、インターン生の菊田です。

今回は「仮面ライダー鎧武/ガイム」について紹介しようと思います。

1. 概要

仮面ライダー鎧武/ガイム(以下、鎧武)は2013年10月から放送された作品です。

とあるストリートダンスチームに所属していた仕事探し中の主人公がチーム同士の抗争に使われていた仮面ライダーとなり、やがて大きな戦いに身を投じていく、という物語となっています。

鎧武の特徴は、そのモチーフゆえの非常に熾烈な戦いです。

鎧武は「果実」と「武将」の二つをモチーフとして制作されています。物語序盤はダンスチーム同士の、後半は各ライダー同士の群雄割拠となっています。群雄割拠する理由も、前半はただダンスする場所を手に入れるためだったのが、後半は世界を思うがままに変えられる「黄金の果実」を手に入れるただ一人となるため、と大きく変化していきます。

2. 超重要人物紹介(この項目はネタバレを含みます)

・葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武

この作品の主人公で、演じたのは俳優の佐野岳さん。姉と二人暮らしで絶賛就活中で、就活に集中するためダンスチームを辞めている。初めは、もともと所属していたチームの為にライダーとして戦っていたが、戦っていくうちにライダーの力の本当の意味や未知の世界からの世界侵略などを知っていき、人類を守るための戦いへと身を投じていく。そんな彼は「黄金の果実」の力の一端を行使し続けた結果、その身が人ならざるものへと徐々に変化していく。

・駆紋戒斗/仮面ライダーバロン

紘汰の最大のライバル的存在の青年で、演じたのは俳優・歌手の小林豊さん。紘汰がいたチームと常に争っていたチームのリーダーであり、高いカリスマ性を持つ。父親が支えていた町工場が大企業建設のために潰された過去から、「力」への思いが強い。そのため、黄金の果実をその手に掴み「弱者が虐げられない世界」の創造を果たそうとする。

・呉島光実/仮面ライダー龍玄

紘汰を慕う高校生で、演じたのは俳優の高杉真宙さん。戒斗の親の工場を潰した大企業重役を肉親にもつお坊ちゃまだが、そのことは隠している。紘汰に少し遅れて仮面ライダーに変身できるようになる。「黄金の果実」をめぐる戦いが始まると、今まで守られるだけだった自分が全てを守るために戦いだすが、未熟ゆえに次第に道を踏み外してしまう。しかしそのことに気づいたのは、好きな人や力など命以外のすべてを失った後だった。

3. おすすめポイント

鎧武のおすすめポイントは各キャラクターがそれぞれ個性的でメッセージ性の強い人物であるということです。

主人公のライバルがよく言う「力」とは何か、何をもって強いというのかや、ダンスチームリーダーだった自称策士ライダーとオネエ口調で元軍人の有名パティシエライダーの師弟コンビなど、物語全体だけでなく各キャラクターに注目するとより一層楽しめます。

圧倒的に記憶に残っていて広めていきたい作中の台詞で今回の記事を終わろうと思います。

「教わらなかったのか?何故悪い子に育っちゃいけないのか、その理由を。嘘つき…卑怯者…そういう悪い子どもこそ本当に悪い大人の格好の餌食になるからさ!!」

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー