インドネシアの伝統ゲーム

昔は子供たちがスマホや携帯ゲーム機で遊ぶではなくて色々なものや道具なしでも遊ぶことはできます。その伝統的ゲームは国によって同じゲームもあるし違うゲームでもあります。それではインドネシアにある伝統ゲームを紹介したいと思います。

1.Petak Umpet【隠れん坊】

基本は日本と隠れん坊と同じですけどルールだけは少し違います。日本の隠れん坊は鬼になった子「もういいかい」と「言ってもういいよ」と返事したらゲームを開始します。日本の場合は鬼になった子は決まった時間を数えてその時間になったらゲームを開始します。例えば20秒なら20から大声で数えて0になったらゲームを開始。もう一つ違ったルールは隠れた人達は見つからないままに最初に鬼が数えた場所にたどり着いて大声で「イングロ」を叫んだらその子の勝ちです。日本の場合は鬼が全員見つかるまでゲームが続きますけどインドネシアは先の条件に次のラウンドを始まることはできます。

2.Kelereng 【ビー玉弾く】

このゲームはビー玉を指で弾ゲームです。必要な道具はビー玉と木の枝。このゲームは男性に人気。遊び方はまずプレイヤーが同じ数のビー玉を円の中に入れます。その円は木の枝で書きます。そのあと外からプレイヤーが円の中のビー玉を狙って自分のビー玉を指で弾く。そのビー玉が円の中のに当たってその円から飛ばしたらそのビー玉が自分の物になります。円の中のビー玉がなくなるまでゲームが続きます。

3. Lompat tali 【ロープ飛び】 

このゲームはジャンプでロープを超えるゲームです。必要な道具はゴムバンドで作ったロープ。ロープは自作。

このゴムバンド

このロープになります。

遊び方は二人がロープを持って残りの人はジャンプでそのロープを超えます。人数が少ないの場合ロープが木に縛ります。最初は低いの高さから、プレイヤーが全員成功したら高さを調整して次のラウンドに入ります。最後の一人になったらその人の勝ちです。

4.Ular Naga Panjang 【意味は長い蛇ドラゴン】

このゲームは人数が少ないと遊べないゲーム。まずはじゃんけんで二人のゲートキーパーを決めます。その二人のゲートキーパーはお互いの両手を握ってそして高く上げってトンネルを作ります。他のプレイヤー電車みたいに並んでそのトンネルを通ります。その間にゲートキーパーが歌います。歌が終わったらゲートキーパーが手を下して誰が捕まったらその人が負けます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー