未来を描いたお勧め映画ベスト3

本日は未来を描いた物語の映画を紹介したいと思います。この映画で実際起こりうるかもしれないという我々の先の話を是非想像してみてください。

1:ターミネーターシリーズ

(ターミネーターのタイトルパッケージ)引用元→http://www.kanayama-plaza.co.jp/blog/index.php/archives/5110

ジェームズ・キャメロン監督が手掛けるアメリカ映画です。物語は2029年の近未来に核戦争後、人工知能の機械である通称スカイネットが人間を敵と認識し反乱を起こした。人類が終わりと思われる中抵抗軍指導者であるジョン・コナーにより人類は勝利を目前にしていた。スカイネットはジョン・コナーを脅威に感じ、男性の姿を模様した殺人型アンドロイドのターミネーター(通称T-800)を過去の1984年に送り込み、ジョン・コナーの母親であるサラコナーを抹消しようと目論む。ジョンはサラが危険だと思い抵抗軍から一人の男カイル・リースを同じ時代に送り込む。サラは同姓同名の人が死亡したというニュースを見て不審に思いあらゆる人々に助けを求めるがターミネーターに見つかる。間一髪のところでカイルはサラを連れ出すことに成功。しかしターミネーターはあとを追って来る。逃れる中二人は結ばれ、共に逃げ切ることを決意する。

2:マトリックスシリーズ

(マトリックスのタイトルパッケージ)引用元→https://www.flickr.com/photos/stevetroughton/17072638696

ウォシャウスキー兄弟監督が手掛けたSFアクション映画です。物語の主人公であるトーマス・アンダーソンは大手ソフトウェア会社のプログラマーとして働いていた。しかし彼はハッカーでもあり裏の顔でネオと名乗り犯罪を行っていた。彼は起きてはいるがまるで夢のような現実世界と錯覚していた。そんなある日PCから「起きろ、ネオ 白いウサギを追え」というメッセージを受けた。知り合いにとあるクラブに連れられトリニティという女性に出会いこの現実は仮想で作られた世界と告げられた。そして次の日会社で謎の携帯を受け取りモーフィアスと名乗る男性に逃げろと言われる。会社には謎の男たちがネオ追っていた。彼は捕まり犯罪歴を帳消しにする代わりに協力しろと告げられる。彼は断ったが男たちは彼の体内に謎の生物を仕込みその瞬間ネオは現実に戻る。そして再びモーフィアスから連絡がかかり会う約束をした。ネオはモーフィアスに再び日常に戻るか本当の現実世界へ行くかの二つの選択を迫られる。ネオは現実世界を知る選択をする。そして目覚めた後彼は2199年の世界が崩壊した未来を見た。これも夢だと自分に訴えかけるがモーフィアスは現実世界と告げる。ネオは現実世界を受け止めプログラムの中に入り込み人々を支配するコンピュータと戦うことを決意する。

3:アイ,ロボット

(アイ,ロボットのタイトルパッケージ)引用元→https://movies.yahoo.co.jp/movie/320063/

2035年のアメリカを描いた物語。ロボット工学三原則を組み込まれたロボットは人々の日常生活に溶け込んでた。主人公のデル・スプーナーはある事件以来ロボットを嫌いになり毎日ロボットに反発する日常を送っていた。そんなある日彼のもとに事件の連絡がかかる。ロボット工学第一人者でデルの恩人であるラニング博士がビルから飛び降り死亡しているとの情報が入る。デルは博士が自分で強化ガラスを割り自殺したという風には思えずロボットが殺害したと推測するが、ロボット三原則で人間には傷つけないという原則があるため警官は自殺と断定。しかしその場に居合わせた最新型ロボットのサニーが事件のカギを握ると思い、デルは尋問をする。サニーは他のロボットとは違い自分に意思があり、三原則も破ることができるという結果が分かり彼を破壊することになった。そして同時期にサニーと同じタイプのロボット各地に広まり、後にそれが人間の脅威となりうるものになることを彼らはまだ知らない。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー