テニス界の生きる伝説

今回の記事では、テニスを語る上で絶対に外せない「生きる伝説」と呼ばれる選手を紹介します。その選手は、ロジャー・フェデラー(以下フェデラー)選手です。テニス界で最もレベルが高いと言われている四大大会を史上最多20回も優勝している選手です。

—– 引用はじめ —–


—– 引用終わり —–

画像引用元:https://www.bing.com/images/search?q=%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%BC&FORM=HDRSC2

四大大会は1度優勝するだけでもすごいことで、世界ランキング4位にまでなった錦織選手でさえ優勝することができていません。それを20回もやっているのですからとんでもない選手なのです。しかも、四大大会は1年に4回しか行われず、フェデラー選手以外にもラファエル・ナダル選手や、アンディ・マレー選手、ノバク・ジョコビッチ選手など、歴史に名を残す選手がいる中で達成したということがさらにその価値を高めていると言えます。なぜここまで活躍できたのか、その理由を次の章で分かりやすくシンプルに解説します。

1:他の追随を許さない世界最高の技術力

フェデラー選手を語る上で欠かせないのが、世界最高の技術です。フェデラー選手が台頭する前は、サーブやストロークなど1つの技術で相手に勝つ選手がほとんどでした。そんな中フェデラー選手はサーブ、リターン、ストローク、ボレー全てにおいてずば抜けた技術を持っていて、そのすべてに対応できる選手が当時は1人もいませんでした。そして、フェデラー選手は瞬く間にテニス界を席巻し、「四大大会を優勝」「世界ランキング1位」を成し遂げました。フェデラー選手に勝つためには「心技体」すべての能力を兼ね備えていなければならないと言われていました。

2:進化し続ける向上心

フェデラー選手は現在38歳で、テニス選手としては非常に高齢です。テニス選手のピークは20代後半から30代前半と言われていて、30代後半で現役を続けていても世界ランキング50位に入れればいい方です。そんな中フェデラー選手は38歳となった今でも世界ランキング10位内に入っています。過去にそんな選手は1人もいませんでした。それでも、フェデラー選手がそんなことをできた理由は「テニスを愛していること」、これに尽きます。ありったけの情熱をテニスに注ぎ込み、練習という形で表しているからこそ世界のトップで居続けられているのです。フェデラー選手はインタビューでよく、「もっとテニスが上手くなりたい」と言います。それは、38歳となった今でも変わっていません。

3:是非、1度見て欲しい

フェデラー選手ほど美しいテニスをする選手はいません。正確なショットを何本も連続して打ち続け、流れるような展開でポイントを奪うテニスに世界中のテニスファンが魅了されてきました。生きる伝説と呼ばれる史上最高のテニス選手を是非、1度目にしてほしいと思います。

次回は、現在のテニス界を支配する「BIG4」と呼ばれる選手を紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー