クラシック音楽 リスト作曲「愛の夢」

こんにちは、インターン生の林です。

今回は、おすすめのクラシック音楽の紹介の三回目です。本日は、リスト作曲の「愛の夢」第三番について話します。

まず、作曲者について、本名は、フランツ・リスト、今回紹介する「愛の夢」以外には、「ラ・カンパネラ」、「ハンガリー狂詩曲」などを作曲していた、別名ピアノの魔術師といわれる作曲家です。

なぜリストがピアノの魔術師と言われたのか、wikipediaを見てみましょう、

-引用はじめ

リストは超絶的な技巧を持つ当時最高のピアニストで「ピアノの魔術師」と呼ばれ、どんな曲でも初見で弾きこなした。その技巧と音楽性からピアニストとして活躍した時代には「指が6本あるのではないか」という噂がまともに信じられていた。彼の死後、彼を超えるピアニストは現れないだろうと言われている。

-引用終わり

とあるように、リストは史上最高のピアニストであったため、ピアノの魔術師と言われていました。そのため、リストが作曲した曲は難しく、特に「超絶技巧練習曲」は、完璧に弾ける人は世界に10人ぐらいしかいないらしいです。しかし、難しい曲だけではなく、今回紹介する「愛の夢」などの夜想曲も作曲しました。

続いて曲のことについて話します。

この曲の前半部分は、メロディが右手と左手で行ったり着たりします、しかもメロディが同じ音なので、なるべく右手と左手で同じ大きさで弾かなければなりません。右手には伴奏部分も含まれているので、メロディは強く、伴奏部分は弱く弾く必要があります。練習方法としては、メロディと伴奏を分けて練習するのがいいと思います。

曲の中間部分、音符がとても続いているところは、難しいそうに見えますが、規則的に続いていたり、同じ和音が多いのでしっかりと楽譜を見て練習しましょう。

曲の後半部分、再び前半と同じようなメロディに戻るところでは、左手が右手よりも高い音を弾くため、クロスして弾くところがあります。しかも、左手は右手よりも低い音を弾いた後すぐに、高い音を弾くため、素早く移動できるように、練習しましょう。

ここまで、簡単に紹介してきました「愛の夢」は、プロのピアニストが演奏したのを聞いてみるとわかるのですが、本当にロマンチックな曲なので、皆さんも一度聞いてみてください。

今回は、リスト作曲の「愛の夢」について紹介しました。次回は、ベートーヴェン作曲の「悲愴」について紹介します。

引用元URL

Wikipedia フランツ・リスト

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー