実際によく出る謎について

こんにちは、インターンシップ生の藤野です。

これまでリアル謎解きゲームを出発点として様々な謎解きの形式について詳しく説明してきました。
今回はその中で、具体的にどんな謎が出てくるのかについて触れていきたいと思います。
まず前提として、前回の謎の構成で説明したように小謎・中謎・大謎とあるのですが、ここではそのうち小謎のみを扱います。
なぜなら中謎や大謎はその謎解きコンテンツのストーリーや目的と密接にかかわっていることが多く、その説明のためには具体的なコンテンツ等を例に出す必要があるからです。そしてこれも重要なことなのですが、謎解きコンテンツはそのほとんどがネタバレ禁止となっており、謎も含めてその内容については他言無用ということになっております。なぜなら、新しく参加するかもしれない人の楽しみを大きく奪ってしまう行為だからです。そのため謎解きに関して感想等を話すときはまず、「〇〇からの脱出って公演、参加した?」と確認するところから始まります。

さて、話がそれましたがここでは小謎としてごくごく一般的なよくあるものの代表例を紹介します。
小謎はたいていそれ1枚で解ける形式が多く、これは通称「1枚謎」とも呼ばれます。もちろん公演においては便宜上わざと必要な情報を分割して別の場所に隠していたりすることもあるのですが。
そして今回ご紹介するのか、通称「和同開珎(わどうかいちん)」です。

漢字を使ったクイズ的なとてもシンプルな謎です。文字だけで表現するのに限界がありますが、一例をあげます。
それぞれの矢印に従って二字熟語ができるように、真ん中に漢字一文字を入れてください。

■■天■■
■■↓■■
無→①→員
■■↓■■
■■人■■

■■天■■
■■↓■■
無→②→員
■■↓■■
■■人■■

①+②=??

答えは少し間をあけてこの先に載せておきます。
もしよかったら考えてみてください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー