仮面ライダーは大人にこそ見てほしい #ドライブ編

こんにちは、インターン生の菊田です。

今回は「仮面ライダードライブ」について紹介しようと思います。

1. 概要

仮面ライダードライブ(以下、ドライブ)は2014年10月から放送された作品です。

二人の科学者の共同研究によって生み出され人間に反逆してしまった108体の機械生命体を止めるため、刑事の主人公が仮面ライダーとなり戦っていく、という物語となっています。

この作品の特徴は、機械生命体の設定と刑事ドラマであるということです。

この108体の機械生命体は、研究者の一人から「人間の悪」だけを教え込まれてしまったために反逆してしまいました。そんな彼らの犯罪を止めるのが仮面ライダーなのですが、はたして機械生命体は「悪」なのか、と考えさせられます。

仮面ライダー側の登場人物のほぼ全員が警視庁所属であり、機械生命体専門の課に配属されており、人間の事件と同じように機械生命体が引き起こした事件として扱い解決していくという刑事ドラマに特撮を足したような作品です。また、「正義と悪」についても描かれています。

2. 超重要人物紹介(この項目はネタバレを含みます)

・泊進ノ介/仮面ライダードライブ

この作品の主人公の刑事で、演じたのは俳優の竹内涼真さん。刑事として殉職した父親の後を追って刑事となった。事件の捜査中に親友を汚させてしまったトラウマからサボりがちになってしまったが、一度ギアが入ると頭の冴えはピカイチ。サボってる最中にベルトさん(意思を持った変身ベルト)にスカウトされ仮面ライダーとなった。根がとても熱く、人間と機械生命体あまり区別することなく善人には優しく犯罪者には厳しくといった性格から、機械生命体を束ねていた個体に最高最大の好敵手とされ、何度も戦っていくうちにお互いのことを理解していくことができた。

・詩島剛/仮面ライダーマッハ

この作品のヒロインの弟で、演じたのは俳優の稲葉友さん。アメリカで仮面ライダーの力を身に付けて機械生命体を全滅させるため日本に帰ってきた。機械生命体に「悪」を教え反逆させた研究者が実父であるため、その罪滅ぼしとして機械生命体の全滅に非常に執着している。唯一善なる心を持っていた機械生命体のプロトタイプとともに戦っていくうちに考え方などが変化していき、直接伝えられなかったが「ダチ」と認めダチのために立ち上がった。

3. おすすめポイント

この作品のオススメポイントは、何が悪なのか、悪とは何かを要所要所で問いかけてくるところです。

これを機に仮面ライダーを見てはいかがでしょうか。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー