森羅万象あらゆる側面から物事を見る

こんにちは、インターン生の平澤義隆です。

 今回はネタは『森羅万象をあらゆる側面から見てみよう』です。自分は世の中の全ての物にはメリット・デメリットがあるものだと思っています。「うまい話には裏がある」という言葉があるように、あまりに自分にとって都合のいい話を持ちかけられた場合、その話には表に出ない隠れた事情が潜んでいると疑うべきだとする言葉です。 また、「表もあれば裏もある」は、性格の裏表を表していて、いい顔と悪い顔、人によって器用に使い分けることで、表向きはいいのに、実は裏の顔がある時に使います。演歌の花道の「表もあれば裏もある」はまた別の意味みたいです。

 さて、今回の漫画ネタのテーマで使える漫画を紹介します。タイトルは『さよなら絶望先生』です。

 この漫画の内容は、物事・事柄・行事・社会問題などなど特定のキーワードに焦点を当て、時事ネタ・あるあるネタ・自虐ネタ・皮肉ネタ・メタギャグなどを展開する。伏字や羅列なども多用く、分かる人には分かる小ネタやパロディを盛り込む。純粋なギャグ漫画というよりは、ストーリーギャグ・ブラックコメディ・学園コメディの形式を取ったツッコミ系コラムといえます。

 主人公は教師で『何でもネガティブな方向に物事をとらえる傾向にある人』で、名前が「糸色 望(いとしき のぞむ)」と言います。響きはいいのですが、横文字で書くと「糸色望(いとしきのぞむ)先生」が、「絶望(ぜつぼう)先生」になり本人もそれを気にしているみたいです。口癖が「絶望した!」です。

 主人公とは逆に『何でもポジティブな方向に物事をとらえる少女』そのポジティブさは現実逃避にも近い極端なポジティブ論法を展開し、ストーリーを反転させることがある。『超几帳面・粘着質少女』、『超恋愛体質・ストーカー少女。』、『引きこもり・不下校少女』、その他にも個性豊かなキャラクターたちによるコメディーが展開されます。

 この漫画では多くのテーマについて考えもしなかった事や、意外な盲点にきずかされたことが多くあります。その一部を紹介していきます。

 ■テーマ:ルールを作る・変える側の横暴

 主人公「ルールそのものに利害関係がある以上 ルールを作る側にならないと勝利はないのです」。たとえ対応したとしてもまたすぐにルールが変更されたり、うまくいっている人たちにとって不利なルールを作られてしまうこともあるからです。

 ■テーマ:逆流現象・羅列ネタ大量

 旧友「ボクも野球知らなくて野球ゲームから野球に入ったから 微妙に本物の選手名間違ってました」逆流現象です。
 
 自分も原作の存在は知っていても、何故か読まずにアニメ化や漫画化したしたときに閲覧して面白く思い原作を読みだした経験があります。

 ■テーマ:リンゲルマン効果、人数が増えると個々が出す力が減るということ

・お笑い芸人を大勢集めても面白くならなかった
・福沢諭吉が増えすぎると一枚が9800円位の円安気分になる…等

 一万円札が増えると一万円の価値が下がったような気分になるのは共感できませんが(自分自身そんな大金を手にしたことや扱ったことが無いのです)が、チームメイトの人数が多いとここの出す力や気持ちが少ないのは確かだと思います。

 ■テーマ:正解が正解でない

・正しい割合でカルピス作って出したらケチ呼ばわりされたり
・正しく政教分離を主張すると誰か来る

 正解が正解でないものの羅列(一部)です。確かに世の中には正しい答えを出しても間違っていると判断されることが多々あります。自分も車の運転でまだ初心者の時に法定速度や規制速度を守って運転していたらクラクションを鳴らされたり同乗者に文句を言われたりしたことがあります。

 ■テーマ:終わりから知る真実

・子供が生まれてから整形手術してる事に気付く
・売ったことで偽物だったと気付く、逆に売ったことでプレミア品だったと気付く
・厳重注意や逮捕されて初めて犯罪だったと気付く

 確かに終わったことで、「え!そうだったの!」ってことは多々あります。ずっと学校に来ていないクラスメイトの机が撤去されて初めて学校をやめた事に気付いたり。売ったことでプレミア品だったことは何度かあります。その時は天テンションが上がりました。厳重注意や逮捕されて初めて犯罪だったと気付くことはニュースやネットの掲示板を読んでいるとよく目にします。

 ■テーマ:勝負どころじゃない所で勝負を賭ける人

・交通法規を守らないドライバーに、警察「ここ一方通行だよ、免許書」、ドライバー「国家権力には屈しない、黙秘する」と言い出したり。
・麻雀で流局寸前でリーチ賭けたり。
・二次元のヒロインめぐって「俺の女だ!」と争うヲタク達。

 無駄なのに国家権力に全力で抗う人たちはよくテレビで見かけます、無駄なのになぜここで勝負しようとするのでしょうか?時間の無駄なように思えます。自分は麻雀はあります、流局寸前でリーチを賭けたりしたことはあります。ですがそのおかげで、ロンが出たことがあります。負けた時のリスクを考えないで、カンをしまくったり、

 ■テーマ:放生会(とらえた獲物を放ってあげるという善行をする日と同時に、他人の失敗や間違いを見逃してあげる日でもある)

・字の間違い
・不都合な真実

 本当にどうでもいいことも含めて、細かいことをいちいち指摘する人は多いですよね。自分はよくスルーしてることが多いです。漢字の間違いも本人に言わずに後でこっそり修正したり、散らかっている物を片付けてり等。この話ではポジティブ少女がひき逃げを、ひき逃げをではなく「ドライブ中に起きた出来事をスルーした、ドライブスルーです。」とうまいことを言っていました。

 ■テーマ:オンエアされないバトル

・白鳥も水面下では激しく足をバタつかせている
・漫画も見えない部分でものすごい修羅場になっていたり

 確かに見えない部分で頑張っている人は多いですよね。アプリやゲーム、システムも見えないところでプログラマーたちによる技術の発展と習得、開発があってできるのです。道路や、建造物も知らなかった多くの企業やお金、職種の人のマンパワーがあってできていることを思うと共感できるテーマです。

 まだまだテーマやネタは沢山ありますが、大変長くなってしまうのでこの辺で終わります。興味のある方は是非読んでみてください。読んでも絶望しないでください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー