テニス界を支配するBIG4

前回は、生きる伝説と呼ばれるロジャー・フェデラー(以下フェデラー)選手についての記事を書きました。そして、今回はフェデラー選手とともにテニス界に欠かせない3人の選手を紹介します。その選手は、ラファエル・ナダル(以下ナダル)選手ノバク・ジョコビッチ(以下ジョコビッチ)選手、アンディー・マレー(以下マレー)選手です。この3人とフェデラー選手を入れた4人が長年テニス界に君臨し続けるBIG4と呼ばれる選手たちです。

—– 引用はじめ —–

ロジャー・フェデラー  

ラファエル・ナダル

ノバク・ジョコビッチ 

アンディー・マレー

—– 引用終わり —–

画像引用元

ロジャー・フェデラー:https://www.bing.com/images/search?q=%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%BC&FORM=HDRSC2

ラファエル・ナダル:https://www.bing.com/images/search?q=%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%80%E3%83%AB&FORM=HDRSC2

ノバク・ジョコビッチ:https://www.bing.com/images/search?q=%E3%83%8E%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%81&FORM=HDRSC2

アンディー・マレー:https://www.bing.com/images/search?q=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC&FORM=HDRSC2

BIG4の4人は全員世界ランキング1位になった経験があり、テニス界で最もレベルの高い四大大会も優勝しています。どんな大会でもBIG4の選手が出場すれば常に優勝候補に挙げられ、BIG4以外の選手がBIG4に勝つと世界中にそのニュースが流れました。もちろん他にも強い選手はたくさんいますが、BIG4だけは別格と言えます。その理由は、「長い間勝ち続けている事」そして「大舞台で最高のパフォーマンスをする事」です。BIG4以外にも四大大会で優勝したり、世界ランキング1位になったり、またBIG4に勝ったりしている選手はいますが、それが長く続かないのです。どんな状況でも試合に勝てるだけの努力と経験を積んでいるからこそ、世界中の人からBIG4は認められているのです。前回BIG4の1人であるフェデラー選手を紹介したので今回は、ラファエル・ナダル選手を紹介したいと思います。

1:史上最強のサウスポー

ナダル選手は抜群のフットワークと強烈な回転のかかったボールを武器とする選手で、その鍛え上げられた体が最大の特徴です。親戚にプロサッカー選手をしていた人がいて、小さい頃にはサッカーもプレイしています。とにかく運動神経抜群でテニスとサッカーの両方で全国大会に出場しています。そんなナダル選手は叔父のトニー・ナダルの指導の下、めきめきと実力をつけ、15歳でプロデビューを果たし、プロ入り直後からその才能を認められていました。そして、ナダル選手が10代の頃すでにフェデラー選手が世界のトップで活躍しており、ナダル選手はフェデラー選手の背中を見ながら成長します。そして、のちに最大とライバルとなるのです。この二人の関係は話すと長くなるので、気になる方はぜひ調べてみてください。

2:ナダル選手の注目して欲しいところ

ナダル選手の見て欲しい所はたくさんあるのですが、絶対に一度は見て欲しいのが一発逆転のカウンターショットです。カウンターショットは元々、相手のボールの勢いを利用して通常のショットよりも速いことが多いのですが、強靭なフィジカルを持つナダル選手がこれをやると本当に一瞬でボールが相手の横を通り過ぎます。また、カウンターショットは基本的に追い込まれた場面で打つショットなので、「あ~、ポイントが奪われた・・・」と思った所から、全力ダッシュでボールに追いつき、目にも止まらぬショットを打ち返す姿は圧巻です。是非、一度見てください。

—– 引用はじめ —–

—– 引用終わり —–

画像引用元:https://www.bing.com/images/search?q=%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%80%E3%83%AB&FORM=HDRSC2

今回の記事はここまでとなります。次回も引き続きBIG4の選手について紹介いたします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー