日本のオンラインゲームと中国のオンラインゲームの違い

プラットフォーム

 日本でも中国でも、大体PC、スマホ、WEBになっています。日本はその上にゲーム機もあります。MMORPG、MOBAは基本PCユーザーが多いです。カードゲームはスマホユーザーが多いです。

アカウント

日本

 PC,ゲーム機の場合はアカウントを作るのが必要ですが、スマホのゲームはアカウントがいらず、機種変更するときに、ゲーム内で引き続きコードの発行が必要です。

中国

 全部アカウントを作るのが必要です。それ以外に、中国サーバーでプレーする場合は、実名登録をしなければなりません。当然、他のプレイヤーは見えません。今では年齢が18歳以下のユーザーは毎日3時間しかログイン出来ない、そして、夜10時以降もログイン出来ません。

題材

MMORPG基本は剣と魔法の世界です。日本は異世界のゲームが多く、その中にPSO2のような未来の世界もあります。中国は歴史を題材したゲームがメインです。本当の歴史ではないが、ゲームに出たアイテムや地域の名前は大体現実に元ネタが見つけ出せます。

料金

 両方どもアイテム課金と月額料金2種類になっています。日本のアイテム課金ゲームは倉庫やキャラクター枠を拡張するのが多いですが、中国の一部アイテム課金ゲームはキャラクターのデベロッパを影響するアイテムを販売している。

RMT

 リアルマネートレードはオンラインゲームゲームのアイテムを、現実にあるお金で取引をすることです。この現象は国を問わず、どこでもある問題です。PVEのゲームはまだ大丈夫だけど、PVPのゲームなら、崩れるかもしれません。

 例えば、ワールド オブ ウォークラフトの中国サーバーはRMT利用者がたくさんいて、一時的に装備の価額が元の10倍ぐらいまでに上がりました。一般のプレイヤーがRMTがしないと、装備がなかなかもらえないようになって、ゲームをやめる人もいます。その後、運営がたくさんのアカウントをBANして、一応ゲーム内の経済が元に戻したが、なくしたユーザーは戻れません。

 つまり、RMTがする人が多いほど、ゲームの寿命が短くなります。だから、ほんとにそのゲームが好きなら、出来ればRMTをしないほうがいいと思います。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー