商人の魅力

初めましてこんにちは、インターンシップ生の髙橋と申します。

私はドラゴンクエストライバルズというデジタルカードゲームのことについてお話をしていきたいと思います。

このゲームは大人気ゲーム、ドラゴンクエストシリーズのカードゲームです。この記事では専門用語を説明無しで使い、初歩的な説明も省きたいと思いますのでそもそもこのゲームについて何も知らないという方は実際にゲームをダウンロードして遊んでからご覧になっていただければと思います。

第一回目となります今回は、現環境での商人の魅力について述べていきたいと思います。

2020年1月現在、対戦環境を支配しているのは間違いなく盗賊です。「ヘルクラッシャー」と「マザーウッド」を用いたワンキルデッキや、「灯台タイガー」や「ワイバーンドッグ」などのれんけい効果をもつユニットで盤面を優位にして戦うイレブンデッキなど、どちらも強力なデッキです。

この強力な盗賊のデッキに対して、商人はとても強く戦うことができます。

まず、前提の知識として抑えておかなければならないのは盗賊が基本盤面を取るデッキであることです。ワンキルをされる印象が強いため盤面を無視しているデッキだと思いがちですがそんなことはありません。盗賊のカードで最も警戒すべきカードは「カイロスハント」です。このカードが0コストで2点も盤面に飛ばしてくるおかげでユニットが簡単に処理をされてしまい、結果として盤面を取られてしまいます。

それに対し、商人はそもそもテンションスキルのおかげでユニットのヘルスを上げ、盤面を優位に保ちやすいです。さらに、商人には「マグマロン」がいるためとても盗賊に強いです。このカードは″コインをBETしたとき対象に取られない”という効果を持っているため、「スノーベビー」や「カイロスハント」、「心眼一閃」、「灯台タイガー」といった強力な盗賊の除去カードを無効化することができます。盗賊には貫通効果を持つユニットがいないため、「マグマロン」を前に配置して後ろのユニットを守りつつ、テンションスキルで育てるという動きをすれば盗賊側は盤面の処理に結構困ります。手札に「マグマロン」が見えている場合は2ターン目にデボラを使い、3ターン目の「シーゴーレム」をわざと後ろに配置して、4ターン目「マグマロン」をその前に配置をする、といった動きが強かったりする場合もあります。また、テンションスキルでユニットの攻撃力をあげることができるので、5ターン目以降はユニットの攻撃力が5以上になるように種を振ることを意識すると、相手の「灯台タイガー」を腐らせることができるということも頭に入れておくといいかもしれません。「マグマロン」と同様の理由からステルス能力をもつユニットがそもそも盗賊に強いですが、現環境のグランプリルールで使用できるステルスユニットは軒並みスタッツが低いので、テンションスキルでそこを補えるという点も商人の強みです。他の職業に対してはだいたい序盤でアグロムーブが決まれば勝てます。

以上で現環境での商人の魅力は伝わったでしょうか。

これをご覧になった皆さんもぜひ、ランクマッチで商人をつかって、環境に跋扈する盗賊を沢山倒しましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー