アウトラスト2

前回はアウトラスト1について話しました、今回はその続きでアウトラスト2についてご紹介したいと思います。第二部のタイトルは「Whistleblower」、口笛を吹く人という意味です。第一部と同じ「マウントマッシプ精神病院」を舞台にして、マーコフ.コーポーレーションのソフトウェアエンジンニアであるウェイロン.パークは、「マウントマッシブ精神病院」内でおぞましいできことが起きていたことを知り、外部へ告発しようと試みます。行動が露見したパークが被験体として捕らえられそうになっていたその頃、院内で行われていたモーフォジエニックエンジン実験でブリー.ホープという患者が暴走し、大惨事が起きようとしていたという内容です。

前作と比べると幾つ繋がりがあります、ネタバレになるんですが、ご了承ください。第二部は前作から三年後の話です、一応、設定上として少し繋がっています。「続き」の話ではないですけど、マーコフ社絡みで関係はしていますが、前作が分からずとも楽しめると思います。前作を知っていると、ストーリー解釈や考察がしやすいです。前作との繋がりの一つ目は村人とマーコフ社職員との関わりです。「モーフォニックエンジン」による精神への影響など、自傷行為や凶暴性など、人体に与える影響が酷似しています。二つ目は、前作での赤ん坊の話です。前作で、たくさん散りばめられていた赤子についてのうわ言「あんたの赤子が鍵を持っている」や「not my babies.oh god…」など、女性が想像妊娠し、別の施設へと移されていました。今回も想像妊娠があります、重要なポイントになっています。

前作との繋がりの話を終わると、アウトラスト2のコンセプトについてお話ししたいと思います。本作が発売前に次のような謳い文句で、作品を紹介されていました:“あなたの信仰を試し、狂気が渦巻く体験ができます。人の「心の闇」と「秘密」にねじれた旅であること。黒と白は相対的で、物事が落ち着けば、勝者は誰が“正しかったのか”、“間違っていたのか”を判断する・誰が善で、誰が悪であるか。人間の本質は、極端はすると暴力と堕落であり、神憑り(かみがかり)と、この先にある楽園の約束によって、そのことは正当化されてしまう。絶望と妄信から、「恐怖」が浮かび上がるのです。”と書いている言葉が深刻と思いました。ネットで検索したと「全ての物事は相対化していて、それぞれの善と悪がある。境界線はもろく、簡単に見失い、一線を越えてしまうということ。ここで言う悪事も、宗教的に言えば「神が言えば暴力も正当化」されてしもうのです。」という解釈があります。以上はアウトラスト2に関して短なの紹介です。興味があった方はお気軽に問い合わせください。

『元URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/OUTLAST

https://biolove.hatenablog.com/entry/2017/06/05/130311#%E5%89%8D%E4%BD%9COutlast%E3%81%A8%E3%81%AE%E7%B9%8B%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%80%8F

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー