インドネシアの伝統ゲーム(2)

引き続きインドネシアの伝統ゲームを紹介したいと思います。

1.ABC Lima Dasar

このゲームはしりとりと少し似ているけど同じ最初の文字を使います。遊ぶために最初はテーマを決めてそして全員の手を出して、出した指の数によって最初のアルファベットを決めます。例えば三つの指なら C、 4なら D。次はそのアルファベットから始まる言葉を全員答えなければいけない。そしてその答えは最初の決めたテーマと合わなければいけない。答えない人は負けです。

2. Bakiak

このゲームはチーム対チームゲームのでいつも学園祭や独立記念日に遊ばれています。一つのチームは2人から4人まで。そのチーム一足のBAKIAKを履く。BAKIAKは長い木材から作られた靴みたいなものです。普通は一足BAKIAKは3人か4人まで履くことはできます。そしてそのBAKIAKで他のチームとレースして一番早いゴールにたどり着くチームが勝ちです。このゲームにはチームワークが必要です。

3. Balap Karung

BALAPの意味はレースそしてKARUNGは袋。このゲームは全員足から袋に入れてそしてジャンプしながゴールを目指すレース。その袋は植物繊維から作られたので破ることはほとんどない。

4. Congklak

このゲームは二人の対戦ゲーム。遊ぶために専用ボードが必要。そのボードは14小さいな穴と一番端に大きな穴があります。その小さいな置く場所にビー玉お入れてじゃんけんで誰から始まるを決めます。プレイヤーが自分側の穴一つを選択してそこのビー玉を全部を取ってそこから右の方向へ一つずつそのビー玉を他の穴に分けて残らないまで進みます。敵の大きな穴だけスキップしてビー玉がゼロになったらその止まった所に何もなかったらターン終了。しかしまだなにが残ったらまたその穴からビー玉を取って繰り返して回します。自分の大き穴はスコアになります。スコアが一番多い人が勝つ。ビー玉じゃなくて種や貝殻でもよく使われています。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー