スカイリムについてその4

皆さんこんにちは、インターンシップ生の小口俊岳です。

第四回は、前回お話すると言ったスカイリムのスキルについてお話ししようと思います。

スカイリムはレベルを上げても力が強くなって攻撃力が上がったり、魔法攻撃の威力が上がったりしませんレベルが上がって強化されるのは体力、スタミナ、マジカ(他のゲームで言うMPです)、の内のどれか選択した一つです、では何が変わるのかというとここで最初の話のスキルが出てきます、このゲームはレベルが一つ上がるごとにスキルポイントが一つ貰い、それを使いスキルを手に入れて強くなっていきます。それとこのゲームのレベルアップは敵を倒して経験値を得るのではなく武器を使ったり魔法を使ったりしたらその対応スキルの熟練度が上がり、スキルの熟練度のレベルが上がるたびに経験値を入手するような形になっています。

スキルは戦闘系、魔法系、隠術系の三種類があります。

スカイリムでは石碑というものの効果でそれぞれの分類のスキルが成長しやすくなったりします。

戦士系のスキルは、弓術、片手武器、両手武器、防御、重装、鍛冶

魔法系のスキルは、破壊魔法、変性魔法、回復魔法、召喚魔法、幻惑魔法、付呪

隠術系のスキルは、隠密、軽装、スリ、錬金術、開錠、話術

武器系のスキルが、なかった場合レベルに合わせて敵は強くなるので武器で戦い続けるのは難しくなります。そのため基本的に使用する武器の種類は絞られてきます。

魔法系はスキルが無くてもすべてのスキルが使えますが効果時間が短かったり通常プレイでは現実的ではない量のマジカ(MP)を使わなければいけないため難しいです。ただ、達人クラスの魔法を覚えるには対応スキルのレベルを100まで上げなければいけません、上げた後にクエストをこなして手に入れることになります。

隠術系のスキルは無くてもそこまで問題はありませんが、スキルが上がって来ると非常に強くなります、生産系でもある錬金術は金を稼ぐのがとても簡単になり、隠密ならばダガーのダメージが15倍という桁外れのダメージが出るようになります。

軽装・重装スキルについてこのスキルはどちらも防具に関するスキルで軽装が攻撃系、重装がタンク系になります。

戦闘系以外のスキルについて

生産系のスキルは無くても生産は出来ますが、使用できる素材が最低レベルの物しか使えず、完成品の能力も低いです。

話術は、買い物が安くなったり、物を高く売れたり、イベントで会話で戦わずにやり過ごしたりできますが、お金を集めるメリットは家を買ったりすることや、スキルをお金を払って鍛える事しかも回数上限あり、街の住人をコロコロしたり物を盗んだ際に衛兵に金を渡してやり過ごす時、くらいしか使い道がありません、わざわざこのスキルを取らなくてもお金は溜まるし強くなったほうがいいので、他のスキルを取ることをお勧めします。

スリは、人からアイテムをスリ取ることが出来るようになるスキルですこのスキルを持っていなくてもできますが成功率はかなり低いです、イベントで鍵などのアイテムを盗むこともありますがスカイリムでは殺して奪ったほうが速いです、荘もそも成功率が一部をのアイテムを除いて90%までしか上がらず、確実に盗めるとも限らず、失敗したら衛兵に追いかけられるので取る意味は薄いです、ただ育てると装備中の武器や防具を取れるようになるので面白いスキルではあります。ただスリスキルはエクストラポケットという物を取れ効果は所持重量限界を100増やすことが出来ます、初期の重量限界が300なのでかなり便利です。

開錠はレベルが勝手に上がっていることが多いスキルです。このゲームは基本的に鍵のついた場所へ入る際や宝箱を開ける際などに何度もロックピックというアイテムを使って開けるためそれでレベルが上がります。開錠のスキルは取ると簡単に開錠が出来るようになるものが多いです他にはアイテムがいいものが出やすくなったりなどしますが簡単に出来るようになるものを取っておけばいいです、ただ丈夫なッピックというスキルはロックピックが壊れなくなるので一つだけ持っておけばよくなるためとても便利です。

なお前回紹介したウェアウルフと吸血鬼の王はスキルを入手する場合ウェアウルフは倒した人間の心臓を一定以上食べることでスキルポイントを入手します、吸血鬼の王は体力を吸収する魔法で敵を倒した場合と敵にとどめのモーションで血を吸って倒した数が一定以上になるとスキルポイントを入手できます。

このゲームには紹介したように多くのスキルがあります。書いた中ではいろいろ言いましたが、このゲームはロールプレイをしてみるのも楽しいのでプレイに慣れてきたらこのキャラクターはこんなイメージだからこのスキルを使っていこうといったことをするのもおススメです。

次回は今回出てきた生産についてのお話をしようと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー