飲食業界のここがキツイ3選

 皆さんこんにちは、MBAインターナショナルでインターンシップをしている宮沢です。前回に私がアルバイトをしているサイゼリヤについて紹介していきたいと思います。今回は私がサイゼリヤに入ってきついと感じた点について紹介していきたいと思います。

 1、人手不足

 サイゼリヤに入って私が最も痛感したのが人手不足です。これはサイゼリヤだけだはなく、飲食業界すべての店に当てはまることです。飲食業界の仕事はほかのバイトと比べる多少キツイところがあります。私は主にキッチンを担当しています。料理にはそれぞれ提供時間が定められているのでそんなに混んでもこの時間を超えるわけにはいきません。しかし、こちら側も人手不足なので限られた時間の中で常に最大限のパフォーマンスを発揮しなければならない。このように、きついと感じた人がどんどん辞めていき、新人もなかなか増えないため負のスパイラルに陥ります。

 2、クレーマー

 クレーマーといえばコンビニを想像する人も多いと思いますが、飲食店もコンビニに負けないほど多くのクレームを寄せられます。世の中にはいろんな人がいます。もし、こちら側のミスであれば誠心誠意対処するのですが、こちら側に非はなくお客様の一方的な言い分を受けることも多くあります。サイゼリヤといえば、洋画が飾られていると思います。お客様からどこの絵なのかという質問を受けたのですが、もちろん一介のアルバイトには分からないことなので、分かりかねますと答えたところ10分ほどの説教を行けたことがあります。私はキッチンなのでクレーム処理することはあまりないのですがそれでもこのような無茶苦茶なクレーム受けたことがあるので、フロアの方はこれと比にならないくらいに精神を消費すると思います。

 3、給料の低さ

 飲食業界は賃金が低い傾向にあると言えます。その中でもサイゼリヤは他と比べると低い印象があります。そしてこれが人手不足につながる最大の理由だと思います。私が入店した当初、給料は978円だったと覚えています。今年で2年目になり、キッチンのアルバイトの中では一番上まで来たのですが、給料はたったの50円ほどしか上がっていません。料理の値段を安くしているため、アルバイトの給料も低くならざるを得ないです。すなると、きつい割には給料が安いのでモチベーションが保てないこともあります。

 以上が私が感じたきつい点です。今回はマイナスポイントについて書いたが飲食業界はきついだけではなく楽しいと感じる点もあるので次回はそちらについて書きたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー