冴えカノの考察

前回の記事では制限改定の考察について私の考えをまとめましたが今回からは,環境に出てきそうなタイトルの解説をしていこうと思います.

始めは前回のページで解説した五種選抜がかかったFateを差し置いてWGP2019でのネオスタンダード,トリオサバイバルともに使用率が一番多かった冴えカノについて解説していこうと思います.

冴えカノは原作人気と2019年10月25日に発売された追加弾による強化により圧倒的な使用率を得ました.このタイトルの特筆すべき点はレベル0の中学生互換,拳移動と起動4ルック,登場2000パンプとリバース時手札入れ替えなどと優秀なシステム効果を行いつつ思い出圧縮ができるところだと思います.それ以外でも自身コストで控えの上位キャラに入れ替えられる効果により「徹夜でゲーム」のデメリットを軽減することが出来る点も優秀です.また,収録中互換や椎名互換といった汎用性の高い互換カードがあることも環境入りしている一因であります.

このタイトルの構築は,レベル0は先ほど説明した4ルック,リバース時手札入れ替えによる優秀なシステムカードを使用しつつ中学生互換,拳移動によりゲームをコントロールしながらレベル1の準備を行うことが出来ます.

レベル1になると整えた手札からレベル1連動を打ち,ツインドライブを使い扉や宝をかませて次のターンの動きを作りつつストックを綺麗に積み上げていきつつ返しは自身の対応の効果で手札に戻ることによりまた行きのターンまでの動きを確保できます.似たような効果が多い中でこの対応は宝であることが戻ってくる効果と相性が良く次のターンも打つことが出来る点とこの効果の発動に相手をリバースさせる必要がないためサイドアタックでも打てる点がいい点です.

レベル2ではレベル1の動きの延長をしつつ早出しによる回復なども織り交ぜてダメージを重ねていきます.

レベル3になると今まで積んできたリソースやダメージレースの差を利用して耐久したりレベル3連動で詰めていくのが理想です.このレベル3連動の良いところは詰めとヒールを内蔵していることとリバース要求キャラに打たれがちな防御札を自身を対象とするものを受けず,椎名互換やリーファ拳互換を打たせないため安定してダメージを通すことが出来ます.

このタイトルの立ち回りは一つ前の環境に多かった電源を使用して耐久していくデッキに対しては宝採用によりアグロ気味に立ち回っていき,ガンガン押してくるデッキに対してはシステムカードにより圧縮しつつ耐久していくことで優位に立ち回ることが出来ます.

以上の理由と前環境に多かったFateやけもフレ,サンシャインの規制による失速を理由に現在の環境トップと言えると思います.次の規制では環境が今のまま変化しなければ規制が来るかもしれませんが今年のカードのインフレ具合を見るに恐らく変化するため規制は来ないのではないかと思います.

今回はこの辺で終わろうかと思います.ここまで読んでいただきありがとうございました.興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください.

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー