中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて 1

序文

 この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

 知っているとうに中国と日本は同じアジアにいって領土も比較的に近く、歴史上では外交問題にも左右の変化が大きい。両国文化では想像以上に絆が深くあり、典型的な例としてあげられるのは中国と日本の”仏教”です。歴史上では日本の方が中国に学ぶことが多いか現代では様々な要因があって逆に中国の方が日本に学ぶすることが多い。しかし関係がそこまで深く結びつける両国にも仕事をする場合では大きな違いがあります。

 私は中国でのアルバイトと日本でのと加えて6種類のアルバイトをやりました。いずれも飲食業とホテル業に関連があるアルバイトですか、それでも違いを感じました。

 今回話したいのは私が中国広州にある“天一酒店”という中国レストランで接客員として始めてアルバイトをするとき感じたことを話します。このアルバイトは私が経歴したアルバイトの中で一番時間が短くけれども私の観念を大きく変えるアルバイトであります。

 アルバイトの仕事時間は朝8:00から夜18:00までって、休憩時間が12:30から13:00でした。バイト代は日払いで1日70圓(日本円に換算すると約1000円)。これは当時の私にとっては悪くない仕事だった。私の故郷である広州では”飲茶”という風習があります。“飲茶”とは字面上のお茶を飲むだけではなく、お茶を飲って、朝食を取りながら友人や同僚もしくは商売上の相手と話し合いことです。つまり広州のレストランに一番客人が多い時間帯は昼間と夜ではなく、朝食と夜の時間です。むしろ朝食の客人数を見てこのレストランは人気があるかどうか判断できます。広州朝食が始まる時間帯は7:00から11:00までです。日本とは違い朝食の時間が比較的長い。朝食供給時間が早かったために遅刻しないように私は早起きする習慣を養成しづつしました。

 店舗属の皿が割ったとすると、たとえそのような心が無くでも、責任は果たしてその皿代の2倍を店舗に賠償しなければならない。これはアルバイトでも、正社員でも同じことです。店のルールとしては常に丁寧な並び方や置き場所従業員たちに心にかけて注意しようのためにわざと罰金を設置するようです。

 それから客人との接し方。朝食ときでは出来る限り客人たちに影響を与えず、客人たちの対話を打断しないように速やかに料理を渡すと客用のカップに湯茶があるがどうかを常に注意しなければならない。日本では客人に水やお茶を渡すのはサービスでしだか、中国広州では店の基本中の基本です。なぜなら湯茶の供給はお客さんたちが店に入場する時に既にお金を取られていたからです。

 初めてアルバイトをした私としてはストレスが溜まりすぎて、結果二週間でアルバイトを辞めました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー