本が読めないブックオフ

皆さん初めまして。インターン生の関です。今回から第5回まで私のバイト先である、ブックオフについて紹介していきたいと思います。皆さんはブックオフについてどういったイメージを持っていますか?本を買ったり、売ったりする古本屋というイメージがまず最初に思いつくと思います。では店員と消費者のではどのような違いがあるのでしょうか。この記事では消費者側から見られないお店の裏側について書いていきたいと思います。

第一回は本が読めないブックオフについてです。

 ブックオフとは全国に店舗を置く古本屋であり今や本だけでなく、衣服からおもちゃまで幅広く取り扱っている(場所による)中古店舗でもあります。これは調べてみて私も驚いたのですが、古本屋界でタブーとされていた立ち読みを可能にしたのがブックオフみたいです。確かにブックオフといえば立ち読みしている人が多いですよね。しかし最近では立ち読みをさせない店舗も増えてきているのをご存じでしょうか。基本的に単行本や小説などは関係ないのですがコミック(漫画)に関しては袋に詰めたりなどして読めないようにしています。理由は本が傷むからです。単純な理由ですが中古業では買ってもらう要素としてその物の状態は大きな割合を占めます。例えば同じ本があったとき、新品と変わりない本と本の中まで日焼けしている本とどちらを選びますか?当然前者を購入したいと思うはずです。このように書店異なり中古を扱っている店舗のため買い手にとって状態は重要な要素となっています。

 ではなぜコミックだけが袋詰めにされるかというと立ち読みしている年齢層につながってきます。コミックは老若男女問わず幅広く読まれるもので、特に人気なコミックは誰でも立ち読みできるなら読みたいと思うからです。そうなると補充された新巻はたくさんの人に読まれ、傷んでいく可能性があり、上で説明した通りに傷むと商品としての価値が下がって消費者に買ってもらうことができなくってしまうことがあるからです。私たち店員もなるべくお客さんにきれいな本を受け取ってほしいためこのような手法をとることがあります。もちろんすべてのコミックが読めないのではなく最近人気になったコミック、映像化された作品であり、最近では『鬼滅の刃』などがそれにあたります。

 逆に他の店舗では読書スペースを設けるところもあります。「えっ⁉」と驚かれるかもしれませんが限られた店舗ですがそういった店舗もあります。そこでは、ロッカールームのようにお金を入れると一定時間利用できるサービスで、個室ではないのですがコンセントや自動販売機が扱えるものとなっています。そこで買った本を読めるサービスです。他にも新品の本を売る店舗も存在したり、本だけでなく雑貨を売ったりする店舗も存在します。私の店舗ではお中元会社と協力お中元ギフトを販売していた時もあります。このようにブックオフは一見どこもおなじように見えて店舗毎に違った特徴があります。皆さんも気になったらぜひ立ち寄ってみてください。

第1回目は以上となります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー