メビウスと現実

皆さんこんにちは
インターンシップ生の財津です。
今回で最後の記事となります。

さて、今回紹介するのは「μ」と「アリア」です。
それでは初めに「アリア」の方から紹介していきます。

画像引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/aria.html
引用はじめ
μと同時期に作られたバーチャルアイドル。
メビウス内ではμの力が強すぎるため、
元の姿を保てず小人のような姿になってしまっているらしい。
メビウスを創りだし、おかしくなってしまったμを止めるため
に現実に帰りたがっている主人公たちを見出し、
戦うための力を与える。
純粋無垢で可憐なμに対して、
陽気で明るく親しみやすい性格をしている。
引用終わり
引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/aria.html
もともと、メビウスという仮想世界は「μ」と「アリア」の2人によって創られていました。
そのため、2人の力は「均等」になっていたのですが、μが人間の悲痛な叫びや現実への嫌悪感を多く受け取ってしまったため
「μ」はこのままメビウスの中に居させるべきだと考え始めます。しかし、「アリア」の考えは現実と向き合って力強く生き抜いてほしいと思っていたのです。
この2人の考えの違いから仲たがいをするようになります。
「μ」はメビウス内にいる人たちに歌を歌い、「アリア」の人気を奪っていきました。そのため、「アリア」の姿は小さくなってしまい
メビウス内での力もほとんど失ってしまったのです。
今の力では「μ」を説得することができないと思った「アリア」は主人公たち「帰宅部」に「μ」の説得を頼むことにしたのです。
とりあえず、紹介はここまでにして、2人目の紹介をしていきます。

画像引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/mu.html
まずは説明から
引用はじめ
元々は、ユーザーが組み込んだ音声を
歌い上げるだけのボーカルソフト。
人々が作る楽曲を歌う内に少しずつ自我を芽生えさせていき、
現実へ苦悩する人間を救うために、
常若(とこわか)の世界メビウスを創りだす。
みんなを幸せにするために、
笑顔を絶やさずメビウス中を飛び回っている。
引用終わり
引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/mu.html
最初は、普通のボーカルソフトでしたが、人々が作る曲を歌い続けることで次第に自我が芽生えるようになります。
そして、人々の悲しい曲、ネガティブな曲を歌っていくことで「人間の人たちがずっと笑顔で暮らせるような世界」を作ろうと思い始めたのです。
そこで「アリア」と一緒にメビウスを作ることになりました。
しかし、メビウスを作ったとしても現実に戻ればまた笑顔がなくなってしまう生活になるだろうと考えたため「μ」はメビウスの中に閉じ込めておこうと考えたのです。
それによって「アリア」と対立するようになりました。一度現実に戻られると、メビウスが壊れてしまう可能性があるため、「μ」はこのメビウスを維持するために、
メビウスにいる人に「楽曲」を書いてもらうことにしました。
そうして集められた楽士たちを「オスティナートの楽士」と呼び始めるのです。

このようにして、「帰宅部」対「オスティナートの楽士」という展開になっています。
どちらも、「人々の為」を思って行っていることなので、あまり悪くは言えないですね。

さて、全9回のキャラクター紹介をしましたがいかがでしたでしょうか。
あまり説明が下手で申し訳ないです。「内容が理解できない」という方も多いと思います。この「カリギュラ」という作品は現代の人間が抱えてるものを分かりやすく表していると思っています。
また、ゲームやアニメでも「μ」の曲が流れていて、1人1人の楽士がどのような心情を持っているのかが分かりやすくなると思うので、ぜひ聞いてください。
ここまで見てくださり、ありがとうございました。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー