TGS出展インディーズゲーム紹介その8:GIGA BASH

こんにちは、インターン生の池田祐樹です。

今回も前回に引き続き東京ゲームショウで私が体験したインディーズゲームについて紹介していきたいと思います。
今回紹介するゲームは『GIGA BASH』というタイトルのゲームです。

以前、近未来な世界観で怪獣達から街を防衛する「Mechs V Kaijus」というゲームを紹介しましたが、このゲームはそれよりもデザインが日本寄りのアニメ調なビジュアルであり、特撮でよくありそうなヒーローロボットや怪獣達が様々な場所で戦う3D対戦型のアクションゲームです。見下ろす視点で行われ、最大4人で対戦することができます。

プレイヤーは初めに複数いるキャラクターの中から1体を選択します。基本的に選択できるのキャラは怪獣が殆どで、前述した通りデザインが日本のアニメや特撮作品を意識したものになっており、例えるなら「ウルトラマン」に出てくる怪獣のようで愛着を持てそうな見た目になっています。あくまでヒーローと怪獣それぞれの陣営に分かれて戦うなんていうものでもないため、怪獣同士で殴り合ったりヒーローロボットと怪獣で王道的なヒーロー物のシチュエーションで戦ったり、プレイヤー4人全員がヒーローロボットを選択して殴り合うことも自由に可能です。

キャラクターを選択したら戦闘を行うフィールドへ移され始まります(私が体験したデモ版では対戦前に操作確認のためのトレーニングルームに移されました)。ルールとしてはシンプルで、相手の体力を減らしてノックアウトさせて最後まで生き残ったプレイヤーが勝利となります。操作は通常のアクションゲームによくある上下左右移動ジャンプと、通常の近接技や突進技にガードや回避と基本的なものが揃っているほか、怪獣に関しては建物を引っこ抜いって投げつけることができたり、フィールド中に出現するアイテムを取ることでそのキャラ特有のド派手な「必殺技」を放てるようになるなど、特撮ヒーロー物らしいアクションを行うことができます。さらには攻撃をうまく当てると相手を吹っ飛ばせたり、ノックアウトして先に退場してもレーザーで残ったプレイヤーを邪魔することができたりと最初から最後まで派手で賑やかにハチャメチャした戦いを楽しむことができます。

そしてこのゲーム最大の特徴にして勝利への鍵となる要素は「巨大化によるパワーアップ」です。戦闘中プレイヤーは敵への攻撃や建物の破壊によってゲージが溜まっていき、ゲージがMAXになると一定時間巨大化することができるのです。巨大化は大きくなる分狙われやすくもなりますが、それを補い余りあるほど火力や攻撃範囲が飛躍的に上昇するため、立ち回りを考えいち早く巨大化することが勝利への近道となるのです。もちろん巨大化したことで視覚的により派手にもなって賑やかさも増していくので、総じて複数人でワイワイ楽しむのにとてもピッタリな作りとなっているゲームです。

さて、これで今回のゲーム紹介は以上となります。いかがでしたでしょうか。
子供心をくすぐられる日本の特撮的なビジュアルであり、気軽にみんなで派手にワイワイ楽しめる作品なので、この記事を読んだ方も機会があればぜひプレイしてみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー